スタバ・ユーザーなら必須!スターバックスカードがお得な3つの理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スタバは好きですか?よく利用されますか?

もしいずれかの答えが「Yes」の人は、スターバックスカードを利用してますか?

「利用してない」なら、あなたは大きな損をしています。

なぜならスターバックスカードは単にキャッシュレス決済ができるだけでなく、お得な特典(メリット)が多く付いてくるため、スタバ愛好家なら必須のツールだからです。

そこで今回はスタバカードがお得な理由(メリット)についてご商介します。

スポンサーリンク

スターバックスカードとは?

スターバックスカードとは、事前チャージ式のプリペイドカードを指します。

プリペイドだけに代金は先払いが必要となります。(返金不可)

カードは店舗で購入可能なプラスチックタイプ(上図)と、スタバ公式モバイルアプリで作る「モバイルスターバックスカード」があります。

スタバカードのメリット4選

スタバカードは利用者にとってお得なメリットが満載です。

スタバのヘビーユーザー(年間100日以上は使う気が・・・)を自負する筆者が損しないことを絶対に保証します!

代表例を4点ほどご紹介しましょう。

メリット1 ポイント(Star)を貯めて好きな商品ゲット!

スターバックスカードを使って支払うと、Starという独自ポイントが貯まっていきます。

¥50(税抜)あたりに1Starを貰うことができ、150Gold StarsごとにReward(特典)を貰うことができます。

Rewardとは、店頭で好きなドリンク、フード、コーヒー豆などと交換できるReward eTicketを発行できる権利となります。

Reward eTicketを使えば700円(税抜き)までの全商品と交換できますし、700円を超える商品であっても700円オフの値引き券として使うことができます。

最も効率よくStarを集められれば7,500円で700円の値引きとなるため、還元率は9%!です。

メリット2 おかわりコーヒーが150円→100円になる

スタバの珈琲には「ワン・モア・コーヒー」というお得なおかわりコーヒー制度があります。

ドリップコーヒーご購入時のレシートを当日中に持参すると、次の1杯のを100円~150円(税抜)で購入できるという超お得制度です。

ここで着目すべきは値幅が100円~150円となっている部分で、どうすれば100円でおかわりできるか?という点です。

1杯目の購入時のレシートにおかわりが●●●円と記載されることになるので、この1杯目購入時にスターバックスカードで購入すれば「おかわり100円」となります。

ショートサイズのコーヒーが税抜き280円なので、割引率は脅威の60%以上!

コーヒーのサイズが大きくてもおかわりコーヒーの値段は同じなので、サイズがビッグであるほど割引率も上がっていきます。

また1杯目と違うお店でおかわりを使うこともできるので、スターバックス愛好家以外であっても確実にお得な制度だと思います♪

※2杯目は1杯目と同じサイズで提供される(ただしホット/アイスの選択は可能)

※1杯目の有料カスタマイズの有無に関わらず、追加代金を支払えば有料カスタマイズも可能

メリット3 時々、ドリンクチケットがプレゼントされる

スターバックスカードを登録する際にMyStarbucksに会員登録(無料)することになりますが、スタバはたまにMy Starbucks会員にドリンクのチケットをプレゼントしています。

しかも限定チケットは朝限定で無料とか、1杯購入すれば同じドリンクをその場でプレゼント!などバリエーションがあり、ただ使う以外の楽しみも生まれます。

これはスタバカードを持っているMyStarbucks会員限定の特典ですから、カード所有者以外はその存在にも気づくことができません。

メリット4 パートナー(店員)と会話が生まれる♪

スターバックスカードを使っていると、パートナー(店員)さんからの注目度も多少はあがるようで、よく話しかけられるようになります。

またスターバックスカードのデザインも話のネタになるため、自然と会話が生まれるようになります。

スタバ店員には美人で元気の良いスタッフさんも多いので、私のようなおっさんにはとても嬉しい出来事なのです。

実際、何度かスタバカードのことで会話が始まった経験があり嬉しかったのですが、1つ残念なのがいずれも男性店員ばかりだったという点が苦い記憶です。

おお・・・

←写真の人はあくまでイメージ画像で、実際に私に話しかけてきた人とは無関係です。

スターバックスカードの発行と利用開始の方法

最後にカード発行から利用開始までの流れを説明します。

カード発行方法

カード発行方法はいたってシンプルで、お店でドリンク注文時と同じように列に並び、順番がきたら「スターバックスカードを買いたい」旨を店員さんに伝えればOKです。

その時期に販売している数種類のカードから選ぶことができます。

なお日本国内で購入したスタバカードは海外店舗で使うことはできないので注意しましょう。

カードの費用は?

気になる費用ですが、実はスターバックスカード自体は0円、無料です。

ただし新規発行時には最低チャージ金額:1,000円を入金する必要があるので、カード購入と同時に1,000円~上限30,000円を入金することになります。

チャージ方法

スタバカードにチャージする方法は以下の3月パターンあります。

  • 店舗で入金
  • オンライン入金(クレジットカード決済)
  • オートチャージ(クレジットカード決済)

店舗で入金する場合はレジでパートナーにその旨を伝えれば、現金かクレジットカードで入金が可能です。

店舗で入金以外の2パターンはいずれもMyStarbucksのWebページから手続きを行うことになります。

MyStarbucksでカード登録(購入前に行うこと)

カードが手に入ったら、すぐにMyStarbucksでカード登録手続きを済ませてしまいましょう。

MyStarbucksの案内にしたがってカード券面に書かれた番号を入力するだけで簡単に登録は完了します。

なおStarの獲得はMyStarbucksに登録済みであることが前提となるため、購入前にカード登録を済ませることをおススメします。

購入時の利用方法

ドリンクやコーヒー豆等の商品を購入する際は、店員さんにスターバックスカードを手渡せばサクッと決済が完了します。

残高不足の場合、差額を別の決済方法で支払うか、スターバックスカードにチャージしたうえで決済することも可能です。

今回はスタバでお得にコーヒーを飲むことができるスターバックスカードについてご紹介しました。

本当にメリットたくさんがたくさんあるので、スタバ愛好家ならもちろんのこと、たまにしか行かない人でもカードが欲しくなったのではないでしょうか?

お試しになることをおススメします!


以上、本日はここまで。

長文となり恐縮です、お付き合いいただきありがとうございました。

Twitterアカウントをフォローしていただければ記事の投稿や更新をお知らせします。

最後にブログランキングをチェック
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA