NFTは儲かる?筆者の運用実績をもとにNFTの真実を明らかにします!

NFT

世界的にブームとなっているNFT投資を2021年5月から始めました。

 

デジタルアートが1億円とかゲームのアイテムが2千万円で売れたとか、嘘のような本当の話が話題になってますが、本当に儲かるのでしょうか?

 

ここは筆者が人柱になって20~30万円ほど投資してみることにしましたので、その運用実績からNFTの真実を明らかにします!

 

スポンサーリンク

NFTとは?

まずはNFTについてわかりやすく説明します。

 

もう既に知っている人は読み飛ばして次の章へ進んでください。

 

NFTとは? ざっくり概要説明

NFTを日本語訳で非代替性トークンと呼びますが、これだけだとさっぱり分かりませんよね。

 

ざっくり解説すると、アーティストなどの作品(音楽、アートなど)をデジタル資産化(トークン化)したものをNFTと呼びます。

 

ブロックチェーン技術を活用していることもNFTの重要な要素となっています。

 

ブロックチェーンによって保有者情報や売買記録がしっかり残り、改ざんもできないということで、そのデジタル資産が唯一無二な存在であることを信じることができます。

 

つまるところNFTとはデジタル資産の総称ですが、一般的には仮想通貨で売買する行為を含めてNFTと呼ばれています。

 

なぜNFTは人気があるか?

2021年3~4月にかけてNFT人気が爆発しました。

 

きっかけとなったのは、とんでもなく高額で商品が売買されていると話題になったことでした。

 

例えば・・・

こんなデジタルアートに6900万ドル(75億円!)という衝撃的な値段が付き、世界中が度肝を抜かれました。

 

そのほかにもTwitterの創業者であるジャック・ドーシー氏の初めてのツイートが3億円、日本人のアーティスト”せきぐち あいみ”氏の作品が数千万円で売れたといったニュースが相次ぎました。

 

とにかく「NFT=儲かりそう」というイメージが強くなり、多くの投資家が殺到する状態になったのです。

 

筆者もそのブームに乗っかって、NFT投資を始めました。

 

NFTの運用実績

ここからは筆者のNFTの運用実績について解説していきます。

 

筆者はコインチェックOpenSeaのマーケット内で1つずつNFTを所有し、売買をしています。

 

コインチェックNFTの運用実績

まずはコインチェックで売買しているNFTから運用実績を確認しましょう。

 

まずコインチェックとは、日本でも最大規模の仮想通貨販売所で、ネット証券で有名なマネックスグループが運営しています。

 

NFTの売買にはイーサリアムなど仮想通貨が必ず必要になるため、同じシステム内で仮想通貨とNFTの売買ができて楽ちんです♪

コインチェックのホームページで詳しく確認する

 

コインチェックNFTではSandboxというゲーム内で使えるLAND(デジタル空間内の土地)を購入し、転売を狙ってます。

 

購入時点の価格

2021年5月4日に0.48イーサリアム(当時の13~14万円)で購入しました。

 

現在の販売状況

2021年6月12日時点で、0.6イーサリアム(15~16万円)で販売中です。

 

当初は大儲けしてやろうと1.5イーサリアムでスタートしたのですが、現実は甘くなく、なかなか売れませんでした。

 

少しずつ販売価格を下げてきましたが、購入価格からわずかに上げた値段でも、全く売れる気配がありません・・。

 

OpenSeaの運用実績

もう一方のOpenSeaのNFTの運用実績も見ていきましょう。

 

先ほどのコインチェックが日本の仮想通貨販売業者でしたが、OpenSeaは世界的に有名なNFT売買マーケットで、いわばこの業界の老舗サービスです。

 

OpenSeaではNFTの王道と言えるデジタルアートの売買で運用しています。

 

購入時点の価格

上図のような緑髪のお姉さんのデジタルアートを所有しています。

 

このアーティストが特別有名というわけでもなかったのですが、かっこいい!という直感を頼りに2021年5月4日に0.2377イーサリアム(6~7万円)で購入しました。

 

現在の販売状況

2021年6月12日時点の販売状況ですが、0.3イーサリアム(7~8万円)で絶賛販売中です。

 

当初は0.5イーサリアムと強気の価格で売り出しましたが、全く買い手がつかず、こちらもズルズルと値下げを続けています。

 

OpenSeaには他の投資家からの「お気に入り」や「閲覧履歴」が把握できるのですが、どちらの数も少なく、まったく売れる気配がありません・・。

 


以上、本日はここまで

 

最高落札額:75億円で話題のNFTについて、筆者の運用実績をご紹介しました。

 

軽い気持ちで20~30万円ほど投資してみたのですが、儲かるどころか、まったく売れる気配がない状態に動揺しています。

 

話題といってもなんでも売れるわけではなく、目利き力の大切さを思い知らされました。

 

損切だけは避けたいな・・・と願って過ごす日々です。

 

それでは!

 

Twitterアカウントをフォローしていただければ記事の投稿や更新をお知らせします。

 

ブログランキング↓を押して頂けると、より多くの人に読んでもらえるので嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました