「みんなの投資サロン」は本当に儲かる?メリットや費用を徹底解説

株式

家計簿アプリで日本一のマネーフォワード社が運営するWebメディア「MONEY PLUS」がオンラインサロンを立ち上げました。

タイトルはみんなの投資サロン

新型コロナウイルスが蔓延している状況下ではセミナーや勉強会の開催が現実的でないため、リモートで参加できるオンラインサロンはありがたいですね。

いったいどんなサロンなのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

みんなの投資サロンとは?

家計簿アプリでNo1のマネーフォワードが運営するオンラインサロンです。

現状は6月30日までの期間限定での開催を予定しているようです。

「投資の悩みを解決する」をスローガンにかかげているため、おそらく投資初心者から参加できるタイプのサロンだと思います。

=> みんなの投資サロンのHPへ

 

「たけぞう」さんを始めとした著名投資家が参加

著名な投資家も参画するため、サロンの参加者は勝ち組投資家のノウハウに触れることができます。

どんな著名投資家がいるかというと・・・

 

たけぞう氏

たけぞうさん

「50億稼いだおっさんが教える 月5万稼ぐ株投資」(ぱる出版)の著書であり、ラジオやセミナーなどで、分かりやすく投資手法を解説し、一人でも多くの初心者が株で利益が出るように活動しています。

たけぞうさんはもともと中堅証券会社で20年間も勤めていたため、決してうわべの投資テクニックでなく、堅実に利益がでる方法を伝えてくるでしょう

 

古田拓也 氏(株式会社Finatext)

古田氏はFintechベンチャーのFinatext社のグループ証券会社であるスマートプラスの設立に関わり、現在はau WALLET「お金の管理」機能やクレディセゾンとのカード積立投資サービス「セゾンポケット」に携わっています。

社内に属していながら金融の新規事業に携わるような人ですね。

またWebメディアでの執筆活動も行っており、MONEY PLUSに寄稿した「タピオカブームは本当に「株価暴落の前兆」なのか」など話題の記事も、実は吉田氏が書いたものです。

投資歴も7年と豊富な経験をお持ちのようです。(筆者は15年だけどねとマウント取ってみる)

 

サロンの情報共有はあのSNS

サロンの活動は非公開のFacebookグループで行われます。

今決まっているコンテンツは以下のようなものがあります。

  • たけぞう氏の「相場解説」、「注目銘柄」、「ニュースの読み方」
  • 不定期に「決算書の読み方」、「銘柄スクリーニング方法」などハウツー
  • グループ参加者の要望に合わせた動画や記事

Facebookなら主催者と参加者双方の活発な活動が期待できそうですね。

 

みんなの投資サロンのメリット

みんなの投資サロンは3つのメリットがあります。

  1. 日々、著名投資家からの限定情報を購読できる
  2. 著名投資家に直接質問することができる
  3. 勉強会や交流会で似た志を持つ仲間とつながれる

サロンの良さは情報だけでなく、オンライン/オフラインで直接人とつながったり関わったりできるのがいいですよね♪

 

第1回、第2回のイベント決定♪

既に4月と5月のイベントが決定しているようです。

オフラインのイベントなので、緊急事態宣言が出ている今、本当に開催するんですかね・・・。

 

第一回のゲストはこころトレード研究所を運営し、株・為替・商品先物・不動産等の投資を行う坂本慎太郎氏、第二回は個人投資家のラテまっちゃ氏の参加が決まっています。

ラテまっちゃさん、顔出しOKなのかしら・・・。

 

サロンの会費はいくら?

月額5,000円ということです。

 

サロンの申し込み方法

申し込みの流れは以下の通りです。

  1. みんなの投資サロンの募集ページから「入会する」をクリック
  2. 「みんなの投資サロン by MONEY PLUS」入会フォーム入力後、「送信する」をクリック
  3. 支援ページの「支援者になる」から支援を行う
  4. 「支援完了のお知らせ」のメールに記載のURLより、Facebookグループに参加申請

 


以上、本日はここまで。

今回はみんなの投資サロンという投資家が集うオンラインサロンを紹介しました。

月額5,000円と決して安くはありませんが、将来の資産形成のための自己投資と考えて参加してみてはどうでしょうか。

筆者も真剣に悩み中・・・。

それでは!

 

Twitterアカウントをフォローしていただければ記事の投稿や更新をお知らせします。

 

ブログランキング↓を押して頂けると、より多くの人に読んでもらえるので嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました