Funds|利回り3.0%のリースバック「あんばい」ファンド#2のおすすめ度は?

貸付投資

●億円規模のファンドが1分程度で売り切れるほど人気の金融商品:Fundsから、第10弾ファンドが販売されます。

 

ファンド名は”リースバック「あんばい」ファンド#2”です。

 

発売日は12日と本日で、きっと今回も売り切れること間違いなしでしょう。

 

今回の投稿は、「あんばい」ファンド#2が本当におすすめできる投資商品なのか?を定量分析に基づき評価します。

 

この記事で分かること:「あんばい」ファンド#2の概要や筆者のおすすめ度
  • 利回り運用期間などのファンドの概要は?
  • 投資する動機や投資家にとってのメリット?
  • 元本割れなどのリスクはあるのか?どのような時に問題となるか?
  • 総合的に見て「あんばい」ファンド#2はおすすめか?

 

スポンサーリンク

リースバック事業「あんばい」ファンドの総合評価は?

【筆者の独自評価軸の解説】

流動性・・・A:貸付期間が6カ月以下、B:7カ月~12カ月、c:12カ月を超える

収益性・・・A:期待利回りが5%以上、B:2%~4.9%、C:2%未満

安全性・・・A:最終資金需要企業、もしくはその親会社のPBR:1.5倍以下且つPER:15倍以下、B:PBR2倍以下且つPER20倍以下、C:左記以外C

 

流動性と収益性はB評価安全性はA評価を付けました。

 

運用期間:11カ月、利回り3.0%ということで、ボチボチ悪くない数字です。

 

しかし「あんばい」ファンドの第一弾が運用期間:9カ月の利回り3.5%だったのと比較すると投資家不利の条件となっており、ファンド組成企業から足元を見られている印象を受けました。

 

安全性はA評価を付けました。

 

最終貸付先のインテリックス社は東証一部上場企業で母体がしっかりしているということと、健全性指標のPBRやPBSが低く安定した成長を示していることから最高評価となりました。

 

実際に借金(有利子負債)も少なく、安全面重視の経営となっているようです。

 

【Funds(ファンズ)の過去の募集ファンドの情報と評価についてはこちら】

Funds|全ファンドの募集スケジュールと評価を一覧でまとめたよ!
※ Fundsの案件一覧を2019年6月4日時点に更新しました ※2019年1月にサービスを開始したクラウドポート社が運営するFunds(ファンズ)ですが、第一弾ファンドが募集開始からわずか16分で完売してしまいました。すごい!の一言で、今

 

Fundsで投資申し込みしたい人はこちら↓↓で口座開設ができます

 

リースバック事業「あんばい」ファンド#2とは

ここからは募集ファンドの詳細を見ていきます。

 

ファンド概要

  • 予定利回り:3.0%
  • 募集金額:244,000,000円
  • 運用期間:約11ヶ月 2019/7/29〜2020/6/30(予定)
  • 担保・保証:担保なし・保証なし
  • 償還方法:満期一括
  • 配当方法:毎四半期
  • 低成立金額:30,000,000円
  • 最低投資金額:1円ソーシャルレンディング業界初!の1円投資可
  • 募集期間
    • 抽選: 2019/7/4 〜 2019/7/9 12:00
    • 先着: 2019/7/12 19:00 〜 2019/7/22 12:00

 

募集概要は上記の通りです。

 

安全面を第一に考え、ほどほどに利回りも得られればいいかな・・・といった人に合うファンドだと思います。

 

=> Fundsで投資するため無料の口座開設を行う人はこちら

 

▼ 過去に募集されたファンドの記事 ▼

Funds|利回り4.5%のイントランス 京町家ファンド#1のおすすめ度は?

FUNDS|利回り5%の世田谷区MIJASファンド#1のおすすめ度は?

Funds|フィル・パークファンド#1が3月27日に募集開始!おすすめ度は?

Funds|2月15日に募集開始の台東区XEBECファンド#1のおすすめ度は?

Funds|LENDYオンラインレンディングファンドとは?

 

ファンドのスキーム

 

ファンドのお金の流れ(スキーム、仕組み)は上図の通りです。

 

Intellex Fundingという子会社を通じてインテリックス社は借入を行い、それを原資に不動産事業を行います。

 

不動産事業から得た利益をもとに投資家へ分配金や元本返済が行われます。

 

インテリック・グループの不動産事業=投資家の利益という構図です。

 

リースバック事業「あんばい」ファンドのメリット

他のfunds案件と比べて「あんばい」ファンドはどのようなメリットがあるかというと、過去に募集されたファンドと基本的に同じです。

 

詳細は過去の分析記事をご参照ください。

Funds|利回り3.5%のリースバック「あんばい」ファンド#1のおすすめ度は?
販売から1分以内に売り切れることで話題のFunds by クラウドポート社から、第9弾ファンドが発表されました。今回は東証一部上場企業の株式会社インテリックスが組成する「あんばい」ファンドで、利回りは3.5%、運用期間は9カ月という条件です

 

あんばいファンドのリスク

最後に投資家にとって回避したいリスクについても確認しましょう。

 

鍵はインテリックス社が健全か否か

 

Fundsオフィシャルページによると、本ファンドのリスクは上図の通り開設されています。

 

ざっくり解説すると、

 

〇・・・不動産事業が失敗した場合、インテリックス社が責任を持って返済

×・・・インテリックス社がデフォルト(倒産)した場合、投資家のお金は欠損するかも

×・・・Intellex Fundingがデフォルト(倒産)した場合、投資家のお金は欠損するかも

 

ということは、インテリックス社が倒産しなければいいんだ!ってことになり、東証一部上場企業なので、決算開示をしっかり読んでおけば正しい判断ができるはずです。

 

=> Fundsで投資するため無料の口座開設を行う人はこちら

 

しかし上場企業であっても、過去に粉飾決算をした企業は多数あるので、ほどほどに信じたうえでファンド組成企業を軸に分散投資することをおすすめします。

 

またファンドを仲介するクラウドポート社のリスクも気を付ける必要がありますね。

 

【関連記事】

クラウドポート|新金融商品:Funds(ファンズ)の最大のリスクとは?
クラウドポート社が2018年1月にリリースしたFunds(ファンズ)は、様々な方面で評判になっています。私の肌感覚ではロボアドバイザー:THEOが登場した時と同じくらい盛り上がりを感じます。しかしあくまで投資ですから、リスクを忘れてはいけま

 

インテリックス社はどんな会社?安全なの?

全てはインテリックス社がデフォルトしないことが最も大切と書いてきましたが、いったいどんな会社で、安全面はどうなのか?

 

過年度業績を用いた詳細分析をしたことがあるので、過去記事をご参照ください。

Funds|利回り3.5%のリースバック「あんばい」ファンド#1のおすすめ度は?
販売から1分以内に売り切れることで話題のFunds by クラウドポート社から、第9弾ファンドが発表されました。今回は東証一部上場企業の株式会社インテリックスが組成する「あんばい」ファンドで、利回りは3.5%、運用期間は9カ月という条件です

 

まとめ

  • リースバック事業「あんばい」ファンド#2は総合的に見ておすすめできる!
    • 流動性と収益性はまあまあ、安全性の評価が高いファンドです
    • ただし同シリーズの一号ファンドに比べると収益性など魅力が落ちたのは残念
  • インテリック社の倒産リスクがこのファンドの貸倒れリスクにあたるが、過去3年の決算資料で分析する限り倒産懸念はない(詳細は過去記事参照のこと)

 

【fundsにから興味を持った人は、こちら ↓ ↓のボタンから口座開設をしては?】

 


以上、本日はここまで。

それでは!

 

Twitterアカウントをフォローしていただければ記事の投稿や更新をお知らせします。

 

最後にブログランキングをチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました