DMM百万長者|高確率で143万円が当たる謎のDMMくじとは?

投資詐欺?

高確率で最大143万円が当たるくじ」と話題のDMM百万長者をご紹介します。

 

こんなうまい話は詐欺や誇大広告であることが多いのですが、運営会社がネットサービス大手のDMMなら期待できるかもしれません。

 

いったいどんなサービスで、本当に143万円が当選する確率は高いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

DMM百万長者とは?

インターネットサービス大手のDMM.comが運営するお金が当たるくじで、1口500円から購入できます。

 

当選確率が固定されている特徴があり、4,096口に1口が必ず当選する仕組みです。

 

当選確率は?

1口500円で購入した時の当選確率を計算してみました。

0.1%にも到達しない超低確率ですが、購入口数を増やしていけば、当選確率はどんどん上がる仕掛けとなっています。

 

10口5,000円分を購入すれば0.24%、100口50,000円分を購入すれば2.4%まで確率は上がります。

 

【口数と当選確率のイメージ図】

 

DMM百万長者は効率のいい投資なのか?

当選確率が100%となる金額まで購入した場合の元本回収率(投資効率)を計算すると、4,096口買えば理論上は100%当たるわけだから、204.8万円の元本が必要となる。

 

じゃあ当選した時の金額との割合で見ると・・・

残念ながら69.8%の回収率ということで、完全な元本割れです。

くじの約30%はDMM側の取り分(運営者利益)であることが分かります。

 

なお宝くじの元本回収率は45%なので、宝くじに比べればDMM百万長者の方が割に合う言えそうです。

 

上記の通り、DMM百万長者は元本割れ前提の制度設計なので、これは投資でなくギャンブルと呼ぶべきでしょう。

 

DMM百万長者のメリット

DMM百万長者は、他のくじと比べて3つほどメリットがあります。

 

1つ目のメリットは、くじがほぼ毎日購入ができる点です。

毎日買ったり、おこずかいが余る月にまとめて買ったりするなど、柔軟な購入が可能です。

 

2つ目のメリットは、購入手続きをインターネットで完結させることができ、24時間いつでも購入が可能です。

日中は仕事でお店に行けない人にとって、ありがたいですね。

 

3つ目のメリットは、購入に難しい手続きが必要ない点です。

専門知識もいらないので、若いひとからお年寄りまで幅広い世代がチャレンジすることができます。

 

当選した人はいるの?

Twitter等で当選者を探したのですが、残念ながら当選してそれを公表している人はいません。

 

4,096分の1の確率だから、1人くらいはいてもいいかなとは思ったのですが。

 

DMM百万長者の始め方

公式サイトにアクセスし、「くじを購入する」ボタンからすぐに始めることができます。

 

購入前の3ステップ

DMM百万長者のくじを購入する前に、会員登録と本人証明の手続きが必要です。

 

全てオンラインで済ませることができるので楽チンです。

 

今度筆者も買ってみて、結果を報告したいと思います♪

 

堅実にお金を増やしたい人向けの金融商品

今回の記事ではギャンブル性の高い「くじ」をご紹介しましたが、もっと堅実に利回り2~6%くらいで増やしたい人におすすめの商品:Funds(ファンズ)をご紹介します。

 

Fundsとは?

ファンズはお金を借りたい法人と個人投資家をつなぐ商品です。

 

資金需要者(借り手)は3ヶ月~12ヶ月程度の借入期間の経過後に元本+利息(分配金)を投資家へ支払います。

 

利息は2%~6%と株式投資ほどではないのですが、しっかり利益を得ることが可能です。

 

お金の借り手はどんな会社?

Fundsでお金を借りている企業は、基本的に上場企業、もしくは非上場であっても成長している有名な会社ばかりです。

 

これまでの実例をあげると・・・

 

東証二部上場企業でマンションブランド「XEBEC」シリーズを手がけるのデュアルタップ社。

 

東証一部上場の国内最大手ノンバンクのアイフル社。

 

オンライン融資サービスを提供するベンチャー企業:LENDY。

 

こういった企業が利回り2%~6%でお金を借りるということで投資家の信頼も高く、案件が売り出されると即完売になるほど人気です。

 

筆者も近年トップクラスのおすすめ投資商品です。

 

もし興味を持たれたなら、ファンズのホームページで詳細を調べてみてはいかがでしょうか。

 

=> 貸付投資:Funds(ファンズ)のホームページへ

 

【Fundsとは?のまとめ記事はこちら】

Funds|新ジャンル?クラウドポートが提供する貸付投資のファンドとは?
クラウドポート社が新しい投資系の金融サービスをリリースしました。サービス名はFunds(ファンズ)、貸付投資という聞きなれないジャンルという触れ込みです。クラウドポートは、これまでソーシャルレンディングの中立的なWebメディアとして投資家の

 


以上、本日はここまで。

 

「高確率で当たる」というのは誇張広告な気もしますが・・・

ロト6がオンラインで購入できると考えると、面白いサービスだなとは思いました。

 

それでは!

 

Twitterアカウントをフォローしていただければ記事の投稿や更新をお知らせします。

 

ブログランキング↓を押して頂けると、より多くの人に読んでもらえるので嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました