CRAZY MONEYは怪しい?筆者のセミナー体験も踏まえて評判をまとめたよ♪

セミナー

最近インターネットサーフィンやSNSを使っている時に「CRAZY MONEY お金のセミナー」の広告を見かけることがありませんか?

 

筆者もこういったブログ記事を書いているので、この広告が目に付くものの、なるべくリンクを開かないようにしてました。

 

リンクを開かない理由は、CRAZY MONEYという名前からして怪しさ満点だからです。

 

そこで今回は詳細までリサーチするとともに、筆者の体験談や他のセミナー受講者の口コミから、CRAZY MONEYの本当の評判をまとめてみました!

プロに学ぶお金の無料セミナーはこちら!

 

Twitterアカウントをフォローしていただければ記事の投稿や更新をお知らせします。

 

スポンサーリンク

CRAZY MONEYとは?いったい何なの?

まずCRAZY MONEYを超ざっくり説明すると、お金のセミナーの名前です。

 

国際比較で日本のファイナンシャルリテラシー(お金の知識力)が低いとか、老後2000万円問題でお先真っ暗だとか、お金にまつわる不安の声が後を絶ちません。

 

そこでCRAYZY MONEYでは不安を払拭するために、将来の資産形成に関して学ぶことができます。

CRAZY MONEYで学べること

  • 一般のサラリーマンもできる節税対策
  • 株式、投資信託、NISA、不動産、FX・・・何から運用を始めるべき?
  • 増減幅が小さい資産ポートフォリオの組み方
  • 少額から始められるおすすめの投資商品は?

 

 

どんなが会社運営してるの?

クレイジーマネーなんて、ふざけた名前のセミナーをどんな会社が運営してるのでしょうか?

 

調べてみると、株式会社TAPPという企業が運営しているようなので、さっそく調べてみました。

 

TAAPとはどんな会社?

会社名株式会社TAPP
代表者山地 学
資本金1億円
所在地東京本社、大阪支社、名古屋支社、 名古屋支社第2オフィス
従業員数87名(2021年2月時点)
事業内容
  • 不動産売買、賃貸仲介、賃貸管理業務
  • 不動産投資コンサルティング事業
  • セミナー事業
免許登録国土交通大臣(1)第9610号
加盟団体全日本不動産協会会員

不動産保証協会会員

会社情報から気になったことが2つありました。

 

1つは従業員数が87名と多い点です。

 

CRAZY MONEYなんて派手な名前が先行してるので一発屋的な企業を想像してましたが、100名に近い規模なら、ぱっと出てきた企業というわけではないようです。

 

もう1つ気になったのは、「不動産売買、賃貸仲介、賃貸管理業務」とあるように、TAPP社が不動産を本業としている点です。

 

セミナーに参加したら不動産のリ押し営業だった!なんて悪い評判が立ってないか、このあとしっかりチェックしていきたいと思います。

 

社長の山地 学 氏は大丈夫?

代表取締役社長である山地 学さんについて、詐欺をするような怪しい人でないか調べてみました。

 

東京理科大学を卒業後、大手不動産企業に終章櫛、投資用不動産の販売を行っていました。

 

その語、不動産ベンチャー企業に転職し、役員というポストに就きながら投資用不動産の仕入れ・販売・賃貸管理を行っていました。

 

2016年にTAPP社を設立し、現在のCRAZY MONEYによるお金のセミナーを行っています。

 

こうして見ると、山地社長はしっかりしたキャリアを歩んできてますし、投資詐欺などの怪しい評判も見かけません

 

一方で気になるのが、明らかに投資用不動産を専門とした人物なので、CRAZY MONEYセミナーを受講するとしつこい勧誘を受けないかな~なんて一抹の不安が。

 

真相は筆者の体験談から後ほど明らかに・・・。

 

CRAZY MONEYの評判は?

各方面から情報収集して、CRAZY MONEYの評判を調べてみました!

 

口コミの評判

まずGoogle Mapの口コミで運営会社:TAPPのについて調べたところ、評価は2.7とやや低めになっていました。

 

しかしこの手の口コミはステマやライバル企業からの嫌がらせ投稿も多いので、内訳まで確認してみないと分かりません。

 

そこで24件のレビューの評価点の内訳を数えてみました。

1点 ★ ・・・・・・ 13票

2点 ★★ ・・・・・ 0票

3点 ★★★ ・・・・ 0票

4点 ★★★★ ・・・ 3票

5点 ★★★★★ ・・ 8票

 

最低の1点が13票、最高の5点が8票と意見が真っ二つに分かれ、逆に間の2~4点が3票しか存在しないという異常な内訳です。

 

ここまで極端な分かれ方をすると、どちらかが組織票であることを疑ってしまいますね。

 

そこで、どんな人が投稿してるか個別に見ていきました。

 

最低評価をつけた人たち

★ 1点の最低評価をつけた13件の口コミのうち7件はコメントが全く書かれずに最低評価を付けていました。

 

またアカウントネームもテキトーなものが多く、さらに詳細を調べるとTAPPに対する口コミしか投稿したことがないアカウントが散見されました。

 

TAPPに低評価を付けるためのアカウントかのような悪意を感じてしまい、書き込みの信ぴょう性に疑問が残ります。

 

最高評価をつけた人たち

一方で最高の★★★★★ 5点をつけた8件の口コミのうち6件はコメントがしっかり書かれてました。

 

しかし、コメントがあるから信頼できるか?といったらそうでもなく、実はステマで、CRAZY MONEY運営側の関係者が丁寧に書き込んだ恐れもあります。

 

そこで5点を付けた人たちの詳細を確認したところ・・・なんと!過去に口コミ投稿したのがTAPPへの1件のみというアカウントが大半を占めました。

 

つまるところ、人生で1件だけ書いた口コミが、たまたまTAPPに対する5点評価だったようです。

 

う~ん、状況から判断すると、良い評判も悪い評判も大人の意図が見え隠れしており、どちらも参考になりそうにありません。

 

そうすると、残された★★★★ 4点が妥当なラインでしょうか。

 

プロに学ぶお金の無料セミナーはこちら!

 

メディアの評判

CRAZY MONEYのメディアへの露出について調べてみました。

 

TBSやTV神奈川といったテレビ局で取り上げられたことがあったようです。

 

雑誌や新聞でも多数取り上げられたことがあるようです。(詳細情報までは無い)

 

メディアからの注目度も高そうです。

 

Twitterの評判

次に一般人の生の口コミを集めやすいTwitter上での評判を調べてみました。

 

https://twitter.com/seiyamentalist/status/1386320665003708423?s=20

クレイジーマネーの無料セミナーで、株・債券・投資信託について学ぶことができたという好意的な声ですね。

 

クレイジーマネーの講座はためになるそうです。

 

でもやっぱり不動産投資の話もされるので、不動産に興味がない人が行くと苦痛になる可能性がありますね。

 

「興味はないのでやめた」とあるので、不動産営業はそんなにしつこくないのでしょう

 

確かにネーミングは賛否両論あるでしょう。

 

炎上商法か?と勘違いされてもおかしくなく、攻めている印象が強いです。

 

クレイジーマネーに対するネガティブなtweetは?

上記の通り、ネーミングに対する突っ込みはあっても、悪い口コミにつながるネガティブなtweetを見つけることはできませんでした。

 

もし詐欺的な高額商品を売りつけるようなビジネスなら、1つや2つは悪い評判がたつものです。

 

以上の結果、あまり悪い評判は見当たらずクレイジーマネーは健全なお金のセミナーを運営しているのだろうと推察できます。

 

プロに学ぶお金の無料セミナーはこちら!

 

筆者のCRAZY MONEYセミナー受講の体験談

さっそく筆者もCRAZY MONEYのWebセミナーを受講してきましたので、リアルな体験談を公開します!

 

まずは申し込み

CRAZY MONEYのホームページから申し込みを行います。

 

希望日時を選んで「予約」ボタンを押します。

 

氏名や電話番号等の基本情報を入力します。

 

申し込みに必要な情報

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 携帯電話番号
  • 年代
  • 雇用形態
  • 年収
  • 住んでいる地域

ある程度個人情報は入力するものの、住所まであかす必要はない点は安心材料ですね。

 

申し込みを行うと、当日のウェビナーへのアクセス方法を説明したEメールが届きます。

 

大切に保存し、セミナー当日を待ちましょう。

 

ウェビナー体験談

実際にCRAZY MONEYウェビナーに体験してみて、このようなことを学ぶことができました。

 

  • 若いうちから資産形成は大切!
    • 20代~30歳あたりの過ごし方で、資産形成の差は大きく開きます。
    • ここで1,000万円ていど貯めてる人、100万円も貯まってない人の差は、その後の人生でも同じように格差を広げていく。
  • まずは給料の4分の1を貯蓄しよう!
    • 日本人の平均レベルの資産形成を目指すなら、まずは収入の25%は貯金に回そう
    • 給料が入ったらすぐに25%は貯蓄用口座に移すのが大事!
  • 投資の基本は預金・株式(投信含む)・不動産の3つ
    • まずは預金を貯めて、働かなくても半年以上は暮らせる程度の余裕を作ろう
    • 余裕ができたら、その後の預金は投資の種銭とみなして株式や投資信託に投資しよう
    • 日本人は預金以外の投資比率が低く、ここが将来の資産形成の大きな差を生み出す
    • 投資に慣れてきたらポートフォリオ拡大のため不動産投資も選択肢の1つに入れよう
  • 不動産投資について
    • 都心部・郊外・地方都市などいろんな場所で不動産投資は可能だが、絶対におさえるべきは人口が増えていたり、開発が進もうとする地域
    • 千代田区・中央区・港区は将来の不動産価格上昇を狙うに良い地域
    • 23区の外側部分の練馬区・世田谷区などは賃貸実需が旺盛なため、安定的な家賃収入が狙える
    • 日本全体の人口は減るものの、都心部は2025年~2030年あたりまで人口が増えること、一人暮らし世帯が増えることが予想されているため、物件選びにも参考にすべき
  • 節税対策について
    • 毎年のように税金に関する法改正が行われており、年々、国民の税負担は増加している
    • 過去20年間で10%以上も税負担は増えてるのに、収入は停滞している
    • つまり節税対策をしなければ、生活が苦しくなることは目に見えている
    • 一番身近で確実なものは「ふるさと納税」
    • 株式投資するならidecoやNISAで収益と節税の両方のメリットを享受
    • 不動産投資による節税パワーはかなり大きい。購入時や物件管理における様々な経費、銀行の借入利子、その他にも不動産事業に関わる新聞、本、パソコン、スマホなどを経費にすることで節税に利用できる
  • 株式投資のテクニック
    • 平均的以上の銘柄なら、中長期で持てば必ず値上がりすると歴史は示している
    • 春先は決算発表とともに株価は下落し、夏場以降で上昇しやすい傾向
    • コロナショックが株式市場に与える影響は大きく、業界ごとに勝ち負けがはっきり分かれると予想され、見極めが大切

 

お金の考え方から資産運用の基本や株式投資のテクニックまで、幅広くに学ぶことができました。

 

これから資産を作っていきたい人、資産運用を始めようと思っている人にはおすすめです!

 

プロに学ぶお金の無料セミナーはこちら!

 

不動産投資の勧誘はあったのか?

最後に勧誘があったか否かの話ですが、勧誘はありましたが、自分の意志で断ることもできました。

 

ウェビナー後に希望者には無料で資産運用に関する個別相談会が開催されています。

 

個別相談は、あくまで希望者だけです。

 

受けたい気持ちはあったものの長時間になるのは嫌だったので、手短にお願いしてみました。

本来なら嫌がられそうですが、笑顔で快諾いただけました。

 

投資・資産運用や税金対策など手広く話をしていき、最終的には不動産投資で節税を考えられては・・・という流れでした。

 

「検討して、興味がわいたらまた連絡します!」と伝えて、すんなりお別れとなりました。

 

その後もしつこい勧誘などは特にありません。

 

セミナーで勉強できて良かった!というのが筆者の率直な感想です。

 


以上、本日はここまで

 

今回はCRAZY MONEYという怪しいネーミングのセミナーにいったら、全く怪しくないお金について学べるセミナーだったという話をご紹介しました。

 

それでは!

 

この記事がお役に立ったなら、こちら↓をクリックして頂けると嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ

(ブログランキングで上位表示されやすくなるのでご協力ください♪)

コメント

タイトルとURLをコピーしました