BitLending|運用実績を公開!利回り10%のビットコインレンディング

暗号資産

筆者のBitLending(ビットレンディング)の運用実績を公開します!

 

利回り10%と鳴り物入りで参入してきたBitLending。

 

しかしハイリスク・ハイリターンの言葉が気になって、怖くて手が出せない人も多いと思います。

 

そこで筆者が人柱として投資して、実績を公開したいと思います!

 

Twitterアカウントをフォローしていただければブログの更新情報をお知らせします。

 

スポンサーリンク

BitLendingとは?

ビットレンディングを一言で表すと、暗号通貨の貸付サービスです。

 

投資家はBitLendingを通じて金融業者や個人に貸し付け、対価として年間6.5%~10%ほどの金利収入を得ることができます。

 

他にも暗号資産の貸付サービスがあるなか、BitLendingの最大の特徴は高い利回りです。

 

5/31までサービス開始のキャンペーン期間で最大10%の高金利となってます。

 

またキャンペーンが終わっても、8%程の金利収入を得ることができます。

 

BitLendigのホームページで詳しく確認

 

もっと詳しくサービスのことを知りたい人は、過去の記事をご参照ください。

 

BitLendingの運用実績を公開!

それでは本題の運用実績を見ていきましょう。

 

BitLendingはまだマイページのようなシステムが無く、運用実績も毎月Eメールで届きます。

 

そのEメールから主な情報を転載します。

 

ビットコイン貸付で儲かった金額は?

筆者は5月の途中からビットコイン貸付運用を始めて、約20日分の金利収入を得ました。

 

上記のとおり契約時数量(元手)が0.018BTC、貸借料(金利収入)が0.000099BTCでした。

 

分かりやすくするため、日本円換算に計算してみましょう。

ビットコイン換算円換算(1BTC=370万円)
元手0.018BTC66,600円
金利収入0.000099BTC366円

 

元手66,6000円に対して、20日間の金利収入が366円でした。

年換算の金利収入は約6,600円相当になります。(利率が10%だから当然そうなりますね)

 

銀行に預けても金利は数円しかつかないことを考えると、BitLendingの高金利は魅力的ですね。

 

翌月の金利は何%?

筆者はスタートキャンペーン中に貸し付けをスタートしたため、向こう1年間は割増の料率=10%で収入を得ることができます。

 

なおキャンペーンは2022年5月末の申し込みで終わりとなり、6月からの一般料率は8%となっています。(FILは6.5%)

BTC ビットコイン8%
ETH イーサリアム8%
USDT テザー8%
USDC 米ドルステーブルコイン8%
DAI8%
FIL6.5%

 

BitLendigのホームページで詳しく確認

 


以上、本日はここまで。

 

金利10%の振れこみどおり、初月から高い金利収入をゲットできました!

これからも期待してBitLendingを見守りたいと思います。

 

それでは!

 

Twitterアカウントをフォローしていただければブログの更新情報をお知らせします。

 

この記事がお役に立ったなら、こちら↓をクリックして頂けると嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ

(ブログランキングで上位表示されやすくなるのでご協力ください♪)

コメント

タイトルとURLをコピーしました