ビットコインを持っていただけで2万円キャッシュバックという嘘のような本当の話

仮想通貨

仮想通貨:ビットコインを持っていたところ、勝手に2万円ほどの入金がありました。

 

新手の逆・振込詐欺か!?と驚き、急いで調べてみたところ、仮想通貨ならではの嬉しいボーナスだったことが分かりました。

 

スポンサーリンク

いきなり約2万円の入金があった!

私が仮想通貨の売買で使っているbitFlerからメールで通知があり、入金したから確認してね♪と連絡がりました。

 

取引履歴画面を見たところ・・・

2件、合計で19,500円(約2万円)の入金がありました。(仮想通貨ではなく、日本円で付与)

 

しかもそのタイミングが12月25日のクリスマスの日だったというのは偶然でしょうか(笑)。

 

なぜこのようなキャッシュバックがあったかと言うと、ある時期にビットコインを保有していたことが要因でした。

 

ビットコインのキャッシュバックが起きた原因

bitFlerからの入金通知メールを再度読むと以下のようなことが書かれていました。

 

当社アカウントに保有していたビットコインのハードフォークによって生じたビットコインゴールドに相当する日本円について、第 1 回の付与条件を満たしたお客様への付与を完了いたしました。

 

入金のうち1つはビットコインゴールドのハードフォーク

そういえば、2017年10月頃にビットコインからハードフォーク(分裂)してビットコインゴールドという新仮想通貨が誕生したのを思い出しました。

ビットコイン|新たな仮想通貨ビットコインゴールドはいつから利用できるの?
2017年10月24日にビットコインが分裂を起こし、ビットコインゴールドが誕生しました。 同年8月にも分裂騒動があって、ビットコインキャッシュとい新たな仮想通貨が生まれました。 8月の分裂の際は、投資家が分裂時点...

 

なるほど2年が経過して、この新たな仮想通貨が付与されたということですね。

 

また厳密には仮想通貨の付与ではなく、現金で付与したのもポイントです。

 

おそらくbitFlerはビットコインゴールドの取引システムをユーザーに提供する予定がないのだろうと推測できます。

 

なおビットコインゴールドは時価1BTG= 586.1520 円で計算され、筆者は2BTG分の1,093円をゲットしました。

 

もう1つの入金はビットコインSV

今回の入金はもう1件あって、こちらはビットコインSVのハードフォークにより生じたものでした。

当社アカウントに保有していたビットコインキャッシュのハードフォークによって生じたビットコイン SV に相当する日本円について、第 1 回の付与条件を満たしたお客様への付与を完了いたしました。

 

ビットコインSVは2018年11月頃にビットコインキャッシュから分裂してできた新仮想通貨ということで、実は筆者も知りませんでした。

 

ビットコインからビットコインキャッシュが生まれ、キャッシュの方からビットコインSVが誕生した・・・つまりビットコインの孫のようなものですね。

 

こちらもビットコインSVの現物が付与されたのでなく、現金での付与となりました。

 

なおビットコインSVは時価1BSV= 9,894.5801 円で計算され、筆者は2BSV分の18,460円をゲットしました。

 

以上のことから、2つのビットコイン関連の分裂により約2万円ゲットできた!という自慢でした。

 

本当に儲かったと言えるのか?

1つ疑問が残るのは、もともと1つの通貨が分裂してできたのだから、価値はその分下落しているはずです。

 

となると、今回のキャッシュバックを素直に喜んでいいのでしょうか?

 

この辺りは諸説あって、分裂期待で値上がりするから儲かるというポジティブ派と、やはり1通貨あたりの価値が下がるので儲かったとは言えない(損とも言えない)というネガティブ派が分かれます。

 

まあ最近のビットコインは1BTC60万円~80万円で安定しているので、筆者としては2万円のクリスマスプレゼントをもらったとポジティブに捉えることとします。

 


以上、本日はここまで。

それでは!

 

Twitterアカウントをフォローしていただければ記事の投稿や更新をお知らせします。

 

ブログランキング↓を押して頂けると、より多くの人に読んでもらえるので嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました