【貯金】普通のサラリーマンが100万円くらい貯金を増やすコツ ~ 副業編

副業

前回の投稿では貯金を増やすコツの中でも、仕事から得る収入を増やす方法についてご紹介しました。

今回は同じく収入を増やす方法として、副業について書きます。

スポンサーリンク

どんな副業が良いのかしら?

副業といっても様々なものがあります。

短時間のアルバイト、アフィリエイトやオークション等のインターネットビジネス、仕事で得たスキルを活かしたセミナー、、、

そんな中で私がおすすめするのは、インターネットビジネスです。

インターネットビジネスをおすすめする理由

副業に対してみなさんは何を求めますか?

もちろん収入を得たいというのは大きな目標になりますが、いきなり本業のサラリーマンの収入を超えたいと思う人は多くないでしょう。

もちろんそれなりに収入は得たいでしょうが、できるだけ楽に稼ぎたい、リスクを少なくしたい、時間を拘束されたくない、といった視点も同じくらい大切に思うでしょう。

稼げる、リスクが少ない、時間の自由度が高い、これらの基準を全て満たすのはインターネットビジネスだと思います。

インターネットビジネスの種類

インターネットビジネスには、大きく以下の3分類があると思います。

①物販系

ECサイトはもちろん、オークションへの転売:せどり、在庫を持たないEC:ドロップシッピングなどがこの分野に含まれます。

メリットは、従来のやり方に近い感覚でビジネスができることだと思います。魅力ある商品をできるだけ安く提供するとか、他社と差別化された商品を提供するとか。販売チャネルがインターネットになっただけで、店舗に近い感覚でビジネスできます。

デメリットは、手間です。商品を仕入れたり在庫を管理したり、顧客からの注文に対応したりと、とにかく収益を上げるうえで手間をかける必要があります。

ある程度軌道に乗れば手間の部分をアウトソーシングすれば良いのでしょうが、ビジネスを開始したころはそんな金銭的余裕はないので、手間が挫折する最大のポイントになるでしょう。

②アフィリエイト系

主にブログ等の情報発信コンテンツに広告を掲載し、閲覧者がそれに対してアクションを起こすことで収益を得る仕組みです。

アフィリエイトにも大きく2種類に分けることができ、Google Adsenceのようなクリックだけで収益を上げるものと、Amazonアソシエイトのような実際に購入やサービス申し込みがあって収益を上げるものがあります。

前者の方がより簡単に収益を上げることができますが、後者の方が難しいだけあって、収益を上げた際の単価が高い傾向にあります。

アフィリエイトのメリットは、いったん作ってしまったコンテンツは放置してても収益を上げ続けることができる点でしょう。広告収入ですので、在庫管理だとか発注管理だとかが不要になります。

デメリットは、コンテンツを作る難しさでしょう。コンテンツを魅力的に作ることができなければ、誰もそのサイトにアクセスしてきませんし、広告をクリックしたり、広告先の商品を購入してくれたりしないでしょう。

③タスク系

上記3つの中で最も新しく、ここ数年で一番伸びている分野だと思いますが、企業の抱える作業やコンテンツ作成業務をクラウドソーシング事業者を仲介して、一般人が請け負う仕組みです。代表的なサービスとしてランサーズやクラウドワークスがあげられます。

タスクの具体例を上げると、結婚式場のクチコミサイトに500文字以上で参列時の感想を書きなさいといった単純作業系や、Webサイトのリニューアルについて提案しなさいといったクリエイティブ系など、多岐に渡ります。

報酬は文字入力系だと数十円~500円くらいまで、Webサイト構築などのプロジェクト系だと数十万円と、タスクの難易度によって報酬が設定されています。

インターネットビジネス比較表

上記で上げたインターネットビジネスの比較表を作ってみました。私独自の評価となりますので、あくまでご参考まで。

評価項目物販系アフィリエイト系タスク系
コスト
仕入れコスト

レンタルサーバ費用
0
リスク
主に在庫リスク

レンタルサーバ費用
なし
収益中~高い低い~高い
掲載する広告による
低い~高い
請け負うタスクによる
資産性
メンテナンスが必要だが継続収益性がある

既存コンテンツからの継続収益性が高い
なし
必要なスキル高い
マーケティング、ITなど多方面でスキルが必要
低い
文章を書くが苦手でなければスキル不要
低い~高い
請け負うタスクによる
代表的なサービス楽天
Yahooオークション
Google Adsence
A8
ランサーズ
クラウドワークス

以上、本日はここまで。

次回以降、上記であげたインターネットビジネスについて詳しく見ていきます。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました