2018年株式相場は好調?暴落?|世界3大投資家のバフェット・ソロス・ロジャーズの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

現代の3大投資家と言えば、

  • ウォーレン・バフェット
  • ジョージソロス
  • ジム・ロジャーズ

この名前を上げる人が多いと思います。

2018年の株式等の投資相場を3大投資家がどのように分析し予想しているか調べてみました。

スポンサーリンク

3大投資家による過去の分析・予想

実は当ブログでは、2016年・2017年の年初にも三大投資家の相場予想について取り上げてきました。

2016年の予想と結果

投資家 2016年
相場観
理由 結果
バフェット 不明 ・理由は分からないが、とにかく楽観視
ソロス 超ネガティブ ・中国経済のリスク
・原油等の商品価格の下落

上期は当たり
下期はハズレ
ロジャーズ ネガティブ ・中国経済のリスク
・EU経済の減速、ギリシャなどの混乱

上期は当たり
下期はハズレ

2016年相場の予想について、3大投資家のうちソロス氏とロジャーズ氏の2人がネガティブに見ていました。

実際には、上期は中国株式市場のサーキットブレーカー発動など株式を中心に悪い投資環境が続きました。

しかし下期はトランプ政権の誕生をきっかけに、米国発の世界同時株高が起きて良い環境となりました。

【2016年相場予想の詳細はこちら】

【2016年株価暴落】投資の賢人たちが語る2016年相場 ソロス!バフェット!!ロジャーズ!!!

2017年の予想と結果

投資家 2017年
相場観
理由 結果
バフェット ポジティブ↑ ・理由は分からないが、とにかく楽観視
当たり
ソロス ネガティブ↓ ・トランプ政権のリスク
・EU離脱の拡大、EU崩壊
×
ハズレ
ロジャーズ ネガティブ↓ ・トランプ政権のリスク
・ドル高による金利上昇
×
ハズレ

2017年相場の予想について、3大投資家のうちソロス氏とロジャーズ氏の2人がネガティブに、バフェット氏はポジティブに見ていました。

実際には、全期間を通じて基本的に良い相場環境が続きました。

日本株も20,000円台を大きく超えて、1990年代のバブル期以来の株高になるほど好影響を受けています。

過去2年の予想を見たところ、3大投資家のうちソロス氏とロジャーズ氏は明らかにハズレの予想をしていることが分かります。

特にソロス氏はハズレ予想のまま「空売り」で挑んだ結果、大きな損失を出したとも言われています。

世界3大投資家も相場環境は見誤るものなので、人の話を鵜呑みにして投資すべきじゃないことが良く分かりますね。

【2017年相場予想の詳細はこちら】

2017年株式上昇?暴落?|バフェット、ソロス、ロジャーズが語る相場の行方

3大投資家による2018年相場の予想

さてここからが本題で、3大投資家による2018年相場の予想を取り上げます。

ウォーレン・バフェット氏の2018年相場の予想

米国最大の投資会社バークシャー・ハサウェイを率いる投資の賢人ことバフェット氏は、米国経済に信頼を寄せており、保有株の維持を宣言しています。

実際に、適温の経済情勢「ゴルディロックス相場」を背景に世界的な株高が続き、2018年1月には米国ダウ平均は史上最高値の25,000ドルを突破しました。

バフェット氏はリベラル寄りの思想を持つため、保守派のトランプ政権の誕生に対して「面白くない」というのが本音でしょう。

しかしトランプ相場には高い評価をしているため、心の中にある信条はさておき、トランプ相場に乗って投資しようと考えているようです。

強い投資欲とは裏腹に、2017年8月頃のインタビューでバフェット氏は悩みを吐露しています。

数年前から続く株の強気相場で、株価はこれまでの大半の時期ほど割安ではない

バフェット氏は割安株へ投資する「バリュー投資」と呼ばれる手法を使うため、現在のような一方的な株高市場では投資先がないという悩みが出てしまうようです。

その影響から、バークシャー・ハサウェイの手元現金が1000億ドル(約11兆円)まで膨れ上がっており、機会損失が生じています。

市場が調整局面に入るのを待ちわびているのでしょうね。

いずれにしましても、バフェット氏の2018年相場予想はポジティブということがよく分かりました。

ジョージ・ソロス氏の2018年相場の予想

「2017年の予想と結果」にも書いた通り、ジョージ・ソロス氏はトランプ政権によって株価が下落すると考えて空売りをしかけた結果、大きな損失を出してしまいました。

「トランプが嫌い」という私情で投資してしまったツケを払わされた格好で、私たち個人投資家にとっても大切な教訓ですね。

大損失を出したことでさすがに反省したソロス氏は、2017年下期~年末にかけて「トランプ銘柄」と言われる企業に投資を始め、利益を確保していると言われています。

例えばリバティ・ブロードバンドという情報通信系の会社に投資して、成果をあげたとも言われています。

さてそんなジョージソロス氏ですが、2018年の予想に関する情報を見つけることができませんでした。

近年、予想を外しまくっているからなのか、メディアに取り上げられるのは損失のニュースが多いようです。

ジム・ロジャーズ氏の2018年相場の予想

ロジャーズ氏は投資先のマーケットを選別しつつも、全体的には良い投資環境とみなして、積極的な投資を行っているようです。

米国株に対しては高すぎると評価してやや弱気の姿勢を持つ者の、ここ数年ロジャーズ氏が一貫してお勧めする中国株やロシア株は変わらず強気で見ているようです。

そして以前は弱気に見ていた日本株について、今は非常にポジティブな見解を持っています。

日本株へポジティブな理由は、インタビューのコメントによると・・・

ここ数年、安倍政権が株価を支えるために何でもする。

実際に日本銀行が日本株に連動するETFを購入し、株の保有者を喜ばせている

つまり日本株は官製相場を評価して強気であるとのことで、日本企業を褒めたわけじゃないという皮肉な話でした。

以上のことから、ロジャーズ氏は2018年相場をポジティブに見ているようです。

まとめ

3大投資家の2018年の予想をまとめると下表のとおりです。

投資家 2017年
相場観
ポジティブ
要素
ネガティブ
要素
バフェット ポジティブ
堅調な米国株 米国株が高すぎる
ソロス 不明 不明 不明
ロジャーズ ポジティブ
  • 堅調な米国株
  • 中国のさらなる成長
  • ロシア経済の復活
  • 日本の官製相場

  • 米国株が高すぎる
  • 全世界的にあらゆるマーケットがバブルの様相にある

バフェットやロジャーズのポジティブな相場感がよく理解できました。

一方でロジャーズ氏がネガティブ要素デアあげた「あらゆるマーケットがバブルの様相」というのは私も思うところがありまして、近々暴落することもあるのでは?と懸念を持ってます。

冷静に見極めながら投資したいものです。


以上、本日はここまで。

それでは!

最後にブログランキングをチェック
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA