FX予想|米ドル・豪ドル・円の分析と今後の見通し(2017年12月)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

月例のFX(外国為替相場)の予想と分析をはじめます。

今回は2017年12月のFX相場の分析・予想に関する投稿です。

前回2017年11月時点のFX相場の分析・予想では、米ドル・豪ドルともに円安方向に進むだろうと予想していました。

それから1か月、11月上旬~12月上旬にかけて米ドル・豪ドル・日本円はどのような推移を辿ったのか?また今後はどうなっていくのか?

最新チャートを使ってテクニカル分析に基づき予想を行いましょう。

【前回、11月上旬時点の予想】

↗やや上昇 米ドル・円(USD/JPY)
↗やや上昇 豪ドル・円(AUD/JPY)
→中立 豪ドル・米ドル(AUD/USD)

【過去のFX相場の分析・予想の記事はこちら】

FX|米ドル・豪ドル・円のよく当たる分析・予想をブログで公開(2017年10月)

FX相場予想|外国為替の現在と今後を予想!(2017年4月版)

FX|米ドル・豪ドル・円 現状分析と今後の予想(2017年8月)

分析対象のFX通貨ペア

毎回、米ドル・豪ドル・円の3通貨の組み合わせを対象にしています。

つまり、

  1. 米ドル/円 USD/JPY
  2. 豪ドル/円 AUD/JPY
  3. 豪ドル/米ドル AUD/USD

の3通貨を組み合わせたペアです。

これらを選んだ理由ですが、

  • 日本人のFX投資家にとって人気が高い
  • 取引量が多く流動性が高い
  • 経済・景気に敏感な通貨であるため、世界の金融情勢を把握できる
  • 政治・経済が安定した先進国であるため、カントリーリスクが小さい

といったことがあげられます。

本来はユーロやポンドといった人気通貨も組み入れたいとは考えてますが、手が回ってない状況なので、ご容赦ください。


海外案件多数!のソーシャルレンディングCrowdcredit

米ドル・円(USD/JPY)の分析


(上図:楽天FXのMarket Speed FXを使用)

まずは米ドル・円(USD/JPY)の分析から始めます。

上図は2017年12月6日の朝方時点の月足チャートです。

チャートは上下2段に分かれており、上段:ローソク足、下段:MACD(オレンジ色と緑色の線)のテクニカル指標を表してます。

それぞれのテクニカル指標を詳しく見ていきましょう。

ローソク足チャート

今回の分析対象:11月上旬~12月上旬は、ローソク足の一番右の2つが該当します。

11月の米ドル・円は方向感のない相場となり、110円台後半114円台後半を上下動する展開となりました。

長期間で眺めてみると、2017年2月から同じような範囲内で上下しているため、レンジ相場(上下動を繰り返す相場)になっているようです。

下段:MACD

次にテクニカルチャート下段:MACDでの分析です。


(上図:楽天FXのMarket Speed FXを使用)

上図の下段がMACDチャートですが、2017年7月~11月にかけてMACDの短期線と長期線が交わって進んでいます。

しかも、ほぼ水平上に進んでいるため、円高・円安どちらにも動く可能性があるように見えており、トレンド転換が意識されます。

正直なところ、上昇(円安) or 下落(円高)の方向感が見えなくなってきました。

今後のUSD/JPY(ドル・円)予想

これまで上値目途となるレジスタンスラインが119円付近、下値目途となるサポートラインが108円付近にあると見てきました。

しかし、ここ半年の相場の動きを見る限り、レジスタンスラインは119円より手前の115円25銭あたりにあるようです。

つまり上値目途のレジスタンスラインは115円台前半、下値目途となるサポートラインが108円付近にあると訂正します。

AUD/JPY(豪ドル・円)の分析


(上図:楽天FXのMarket Speed FXを使用)

次に豪ドル・円(AUD/JPY)を分析します。

上図は2017年12月6日の朝方時点の豪ドル・円(AUD/JPY)の月足チャートです。

テクニカル指標はUSD/JPYと同じくローソク足(上段)とMACD(下段)です。

上段:ローソク足

10月は円高傾向が続き一時84円台中盤まで落ち込みましたが、その後持ち直しを見せて85円台前後で推移する形です。

豪ドル・円(AUD/JPY)も米ドル・円と同様に方向感の見えない動きとなっています。

下段:MACD

豪ドル・円のMACD分析です。


(上図:楽天FXのMarket Speed FXを使用)

上図の下段がMACDチャートですが、2017年11月にはMACDの短期線と長期線が交わっています。

しかし長期線(オレンジ色)を見ると上向きになっているので、まだ豪ドル・円は円安トレンドの中にいると考えています。

 今後の予想

豪ドル・円(AUD/JPY)の上値・下値は前回のFX相場予想から変更ありません。

上値目途のレジスタンスラインは90円付近、下値目途のサポートラインは80円付近と予想します。

11月は少し円高に振れたものの、一時的な調整では?と考えており、今後はレジスタンスラインの90円を目指して動くと予想します。

AUD/USDの分析


(上図:楽天FXのMarket Speed FXを使用)

最後に豪ドル・米ドル(AUD/USD)を分析します。

上図は2017年12月6日の朝方時点のAUD/USD(豪ドル・米ドル)の月足チャートです。

上段:ローソク足

豪ドル・米ドル(AUD/USD)の11月~12月は、8月から続くドル安、米ドル高の動きが継続しました。

とはいえ、11月の月初に比べて月末は約90pipsほどマイナスということで、小幅な下落に留まっています。

下段:MACD

続いて豪ドル・米ドルのMACD分析です。


(上図:楽天FXのMarket Speed FXを使用)

上図の下段がMACDチャートですが、2017年10月~11月はMACDの短期線(緑色)と長期線(オレンジ色)が交わる形で下落を続けているため、トレンド転換が意識される水準が続いてます。

今後の予想

前回のFX相場予想:米ドル高/円安を変更し、「中立」とさせていただきます。

変更の要因は、MACDの短期線と長期線が交わったことで、トレンド転換が意識されているからです。

FX予想のまとめ

→中立 米ドル・円(USD/JPY)
↗やや上昇 豪ドル・円(AUD/JPY)
→中立 豪ドル・米ドル(AUD/USD)※先月の予想から、米ドル・円(USD/JPY)を「やや上昇→中立」に変更しました


以上、本日はここまで。

それでは!

↓↓最後にブログランキングをチェック
ブログランキング・にほんブログ村へ

【こんな記事も読まれてます】

【アービトラージ】FXのアービトラージ戦略 2016年01月16日

Capitalico|人工知能でFX!さっそく試してみた、その結果は? 2016年08月27日

Capitalico|ディープラーニングでFXの運営会社Alphaca DBとは?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA