FUNDINNO|エンジェル税制のお知らせが届きました!税金優遇は実現する!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

投資型クラウドファンディングのFundinno経由で投資しているBank Invoice社から、エンジェル税制に関するお知らせが届きました。

エンジェル税制とは、ベンチャー企業へ投資することで投資家が享受する税金優遇制度です。

これまでエンジェル税制に何度か言及されてきたものの、とはいえ難しいだろうと半信半疑で受け流してきました。

ついに一般投資家もエンジェル税制の恩恵を受けることができるのか!?

注目のイベントが起きようとしてます。

FUNDINNOとは?

(引用:FundinnoオフィシャルHP

FUNDINNOは、株式投資型クラウドファンディングによって投資家が未公開のベンチャー・中小企業への投資を可能にするサービスです。

FUNDINNOは株式投資ですので、返済期日・返済金額が決まっていないためリスクは高いのですが、大きなリターンを得る可能性もあります。


公式HP:FUNDINNO

Bank Invoiceとは?

(Bank Invoiceのイメージ動画)

Bank InvoiceFUNDINNOの第一号案件にあたり、請求書の電子化サービスを提供しています。

請求書の紙文化が根強く残っている課題認識に共感を持ったため、私は第一号案件:Bank Invoiceへ投資しました。

Bank Invoiceからエンジェル税制のお知らせ

2017年11月30日、Bank Invoice社からエンジェル税制のお知らせが届きました。

記載内容は以下の通りです。

件名:FUNDINNOの株主の皆様へ

以下、本文:

いつもお世話になっております。

Bank Invoice株式会社です。

現在、FUNDINNOを通して株主になっていただいた株主の皆様に対して、エンジェル税制の申請準備を整えています。

エンジェル税制とは、ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家が、投資した年に受けられる所得税の優遇措置です。

——————————–

▼エンジェル税制詳細詳細

http://angel-tax.tokyo/zeiyugu.php

——————————–

日程がタイトであり、皆様の今年度の確定申告にエンジェル税制による優遇措置を間に合わせるため、お手数をおかけしますが、以下の対応をお願いいたします。

①本日MM月DD日~MM月DD日までに、「投資契約書」をFUNDINNOのマイページからダウンロードしてください(エンジェル税制申請に必要な書類です)。

②本日MM月DD日~MM月DD日までに、ダウンロード後、2部印刷の上、署名捺印

③MM月DD日までに、1部をご自身で保管(確定申告時に写しが必要となります)、1部を弊社まで郵送ください。

▼郵送先は以下です。

—————–

〒Bank Invoice社の住所

—————–

本当にエンジェル税制に対応してくれるようで、一投資家として本当に楽しみです!

ところでエンジェル税制って、そもそもどんな制度でしたっけ?

私も詳しくないので、調べてみました。

エンジェル税制とは?

エンジェル税制とは、経済産業局から制度対象の認定を受けたベンチャー企業に投資した個人投資家が受ける税制優遇措置です。

税制優遇には大きく分けて以下の2種類があります。

  1. 投資時点で受けられる税制優遇
  2. 株式売却の時点で受けられる税制優遇

1.投資時点の税制優遇

投資時点で受けられる優遇措置にもAとBの2種類があります。

優遇措置A

投資金額から2,000円を差し引いた金額がその年の総所得金額から控除されます。

ただし上限がありまして、総所得金額×40%か1,000万円のいずれか低い方が控除限度です。

例えば総所得が600万円のサラリーマンがいたら、240万円(600万×40%)がエンジェル税制による所得控除の上限です。

優遇措置B

年内に他の株式を売買して得た利益から、ベンチャー企業へ投資した金額の全てを控除できます。

いわゆる株取引における損益通算ですね!

優遇措置Bには控除の上限はありませんので、他の株式運用がうまくいっていたら、ベンチャー企業に投資しまくると税金を取り戻せるようです。

株式売却時点の税制優遇

エンジェル税制適用のベンチャー企業株式を売却して損失が出た場合は、その年の他の株式を売買して得た利益から相殺できます。

さらに、損失がその年で相殺しきれなかった場合には3年間にわたって損失の繰り越しが可能で、向う3年間の株式売却益と相殺できるのです。

ただし、投資時の優遇措置A or Bを適用した場合には、取得価格から優遇措置による控除対象額を差し引いて売却損失を計算する必要があることに注意が必要です。

投資した金額をそのまま所得から控除できるなんて、エンジェル税制は素敵ですね!

Bank Invoiceへ忘れないように手続きします!

まとめ

今回の投稿のまとめです。

  • FUNDINNOの1号案件:Bank Invoiceがエンジェル税制の手続きを開始した
  • エンジェル税制を使えば、投資時と売却時に大きな税金優遇を受けられるので、申し込まない理由はない
  • 今後のFUNDINNO案件でもエンジェル税制の対象企業が出てくるだろうから、要チェック!


以上、本日はここまで。

それでは!

↓↓最後にブログランキングをチェック
ブログランキング・にほんブログ村へ

こんな記事も読まれてます

FUNDINNO|評判の投資型クラウドファンディングが第6号案件を募集中!

FUNDINNO|日本初の株式投資型のクラウドファンディング!

FUNDINNO|第1号案件の運用状況のご報告(2017年8月)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA