【NISA口座】NISAと確定拠出年金

nisa口座

スポンサーリンク

これまでNISAについて3回の投稿に渡ってそのメリット運用上の注意点を書いてきました。今回はNISAと同様に税金面でメリットが多いと言われる確定拠出年金について書きたいと思います。

確定拠出年金とは

公的年金や企業年金などの従来の年金制度は一般的に「確定給付年金」と呼ばれており、個人が貰える年金額はあらかじめ決まっています。

一方で「確定拠出年金」では、加入者自身が資産の運用方法を決めて積み立てる年金のことであり、将来貰える年金額もその運用次第となります。

確定拠出年金には、企業型年金と個人型年金の2種類があります。違いは、お金を拠出するのが前者は勤務先企業+個人、後者は個人のみという点です。

どちらのタイプも運用は投資信託が中心になり、自分で選択して、毎月、一定額を買い付けていく仕組みとなっています。

確定拠出年金はあくまで「年金」ですので、受取りのタイミングは原則60歳以降です。

確定拠出年金の最大のメリットは、3つの非課税の特典がついてくる点です。

確定拠出年金の3つの税金優遇

①拠出時の税金優遇

確定拠出年金への掛け金は、その金額がそのまま課税所得から控除されます。課税所得の控除は、結果的に所得税や住民税を下げることになります。具体的な例は次項で書きます。

②運用中の税金優遇

これはNISAと同じですが、運用中の投資信託の分配金や値上がり益にかかる約20%の税金(所得税・住民税)が非課税になります。

③受取り時の税金優遇

60歳で年金を受け取る際、退職所得控除や公的年金等控除の制度内で税金面の優遇を受けられます。ある程度運用益が出ていても税金は0ということが多くなります。

拠出時の税金メリット

上記の「①拠出時の税金優遇」について、詳しく書きます。

年収500万円の会社員が、確定拠出年金で毎月1万円、年間12万円を積み立てるとどうなるか、それを表したのが下の図になります。

所得税と住民税合計で1.8万円も減額となり、元本12万円に対して約15%もの節税効果となります。

確定拠出年金シミュレーション

NISA vs 確定拠出年金

最後にNISAと確定拠出年金を比較してみます。

nisaと確定拠出年金

確定拠出年金もNISAも運用時の利益や配当金(分配金)が非課税になることは同じですが、確定拠出年金は拠出金、すなわち掛け金が税金の控除効果をもたらす点が最大のメリットとなります。

一方で確定拠出年金のデメリットは流動性の低さです。確定拠出年金はあくまで年金であるため、60歳までは受け取ることができません。

NISAは通常の証券口座と同様で、投資家の好きなタイミングで売却して現金化することができます。

まとめ

ここまで確定拠出年金の特徴、NISAとのメリット・デメリットを比較しました。

より強い節税効果を取るか、資産の流動性を取るかのトレードオフの関係なので、正直、どちらが良いと断定することもできませんし、両方運用することももちろん可能なので、各自の投資スタイルや、将来の資産に対する考えに合わせた活用が必要だと思います。

以上、本日はここまで。

ちなみに、私は確定拠出年金をやってません。

その理由は資産の流動性を重要視していること、また確定拠出年金の投資信託の商品ラインナップが乏しいことから、別の投資商品を選んでいるからです。

特に資産の流動性が一番ネックに感じており、仮にいつでも引き出しが可能とか、5年経てば引き出しが可能とか制度が変われば、すぐにでも確定拠出年金を活用すると思います。節税効果は大変魅力的だと感じてます。

それでは!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました