資産運用|全部プラスで運用中!金融商品の運用状況公開!(2017年3月版)

運用実績の公開

私が資産運用している金融商品に関して、運用実績のまとめを投稿します。

前回の投資運用実績まとめの投稿は2月末時点の状況について書きましたが、それから1カ月が経ち、わたしの運用する金融商品の評価額もいくぶんか動きがありました。

それでは2017年3月末時点の報告を始めます。


ソーシャルレンディングCrowdcredit

スポンサーリンク

公開対象の金融商品とは?

この投稿に登場する金融商品を大きく分けると、ソーシャルレンディングロボアドバイザー仮想通貨の3分類です。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング概要

ソーシャルレンディングとは、個人投資家から個人や中小企業への融資を可能にするプラットフォームです。

maneoなどのソーシャルレンディング運営会社が間に入り、「融資を受けたい人・企業」と「投資家」を仲介し、借り手への貸出審査や回収業務を行います。

詳細を知りたい人は過去の関連記事をご参照ください。

【過去の関連記事】

2015/10/14
【ソーシャルレンディング】利回り5%以上 個人が融資者になる新しい金融マーケット

2015/10/16
【ソーシャルレンディング】運営会社の比較

2017/3/23
ソーシャルレンディング|詐欺や貸倒れのリスクを回避する方法とは?

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーとは、人工知能(AI)などのITを駆使して資産運用を行う金融サービスです。

ロボアドバイザーの中でもサービス内容はいくつか分かれており、コンピューターが投資家にアドバイスするだけに留まるものから、ポートフォリオの構築、リバランスなどを含む運用に関わる全作業をコンピュータが行うのようなサービスもあります。

【過去の関連記事】

2015/12/8
【お金のデザイン】ロボアドバイザーによる海外ETFの提案

2017/3/14
THEO|預かり資産NO1!ロボアドバイザーのTHEOの運用報告(2017年3月)

2017/3/8
WEALTH NAVI|世界水準のロボアドバイザー:ウェルスナビとは?

仮想通貨

仮想通貨とは、インターネット上の仮想空間で誕生した電子マネーを指します。

しかし、今となっては仮想通貨は仮想空間内での使用にとどまりません。

仮想通貨取引所を通じて各国の通貨との両替えや、リアル店舗で商品やサービスの支払いができるようにもなってきています。

【過去の関連記事】

2016/4/19
仮想通貨|ビットコイン・リップル・エターナルコイン 仮想通貨って何?

2016/4/20
【仮想通貨】投資商品としての魅力とリスク

2017/3/24
ビットコイン|仮想通貨ビットコインのトレード実績と今後の展望(2017年3月版)

金融商品の運用実績を公開

本題の運用実績の公開を始めます。

商品分類別の実績表(元手と現在価値)

まずは金融商品を分類別(ソーシャルレンディング、ロボアドバイザー、仮想通貨)に分けた実績を見てもらいます。

投資元本(元手)と現在価値(現在値)について、下表のとおりです。

全ての商品分類で現在価値が元手を上回り、プラス収益が出ています!

分類データ2016年11月2016年12月2017年2月2017年3月
ソーシャルレンディング合計 – 元手¥900,000¥1,150,000¥1,150,000¥1,150,000
合計 – 現在値¥920,808¥1,191,561¥1,202,844¥1,206,627
ロボアドバイザー合計 – 元手¥200,000¥200,000¥200,000¥200,000
合計 – 現在値¥210,013¥217,452¥218,048¥216,936
仮想通貨合計 – 元手¥150,000¥150,000¥150,000¥150,000
合計 – 現在値¥218,414¥291,039¥332,799¥284,950

商品分類別の損益表

損益金額をまとめると下表の通りです。

2月時点から収益を減らしたものの、合計でプラス約208,000円もの運用利益が出ています!

投資商品分類2016年9月11月12月2月3月
ソーシャルレンディング¥15,570¥20,808¥41,561¥52,844¥56,627
ロボアドバイザー-¥2,113¥10,013¥17,452¥18,048¥16,936
仮想通貨¥40,872¥68,414¥141,039¥182,799¥134,950
合計¥54,329¥99,235¥200,052¥253,691¥208,513

商品分類別の損益グラフ(金額表示)

下図は商品分類別(ソーシャルレンディング、ロボアドバイザー、仮想通貨)の損益金額のグラフで、金額で表示したものです。

黄色の仮想通貨が突出して利益を出しており、次いでソーシャルレンディング、ロボアドバイザーと続きます。

どの金融商品分類も順調に利益を増やしています。

商品分類別の損益グラフ(%表示)

下図は商品分類別の損益を%表示で表したグラフです。

黄色の仮想通貨が約90%%の利回り圧倒しており、ソーシャルレンディングとロボアドバイザーも順調に利益を出しています。

商品別の実績表

次に商品分類からブレイクダウンし、金融商品別の実績です。

下表の通り金融商品別に投資元本(元手)と現在の価格(現在値)でまとめました。

分配金が始まっていないCrowdcreditを覗き、すべての金融商品でプラスになってます!

商品名データ2016年11月2016年12月2017年2月2017年3月
Crowdcredit合計 – 元手¥100,000¥100,000¥100,000¥100,000
合計 – 現在値¥100,000¥100,000¥100,000¥100,000
maneo合計 – 元手¥500,000¥500,000¥500,000¥500,000
合計 – 現在値¥519,300¥521,279¥525,725¥527,526
THEO合計 – 元手¥100,000¥100,000¥100,000¥100,000
合計 – 現在値¥106,924¥112,301¥112,100¥110,978
アメリカンファンディング合計 – 元手¥300,000¥300,000¥300,000¥300,000
合計 – 現在値¥301,508¥305,282¥309,091¥309,912
エターナルコイン合計 – 元手¥50,000¥50,000¥50,000¥50,000
合計 – 現在値¥48,652¥60,988¥61,687¥52,132
ビットコイン合計 – 元手¥100,000¥100,000¥100,000¥100,000
合計 – 現在値¥169,762¥230,051¥271,112¥232,818
みんなのクレジット合計 – 元手¥250,000¥250,000¥250,000
合計 – 現在値¥265,000¥268,028¥269,189
楽ラップ合計 – 元手¥100,000¥100,000¥100,000¥100,000
合計 – 現在値¥103,089¥105,151¥105,948¥105,958

商品別の損益表

金融商品別の損益金額だけでまとめたのが下表です。

2月時点から収益を減らしたものの、全ての投資商品でプラス収益となっています!(Crowdcreditだけ0)

素晴らしい運用成績だと思います。

投資商品名2016年11月2016年12月2017年2月2017年3月
Crowdcredit¥0¥0¥0¥0
アメリカンファンディング¥1,508¥5,282¥9,091¥9,912
maneo¥19,300¥21,279¥25,725¥27,526
みんなのクレジット0¥15,000¥18,028¥19,189
楽ラップ¥3,089¥5,151¥5,948¥5,958
THEO¥6,924¥12,301¥12,100¥10,978
ビットコイン¥69,762¥130,051¥171,112¥132,818
エターナルコイン-¥1,348¥10,988¥11,687¥2,132
合計¥99,235¥200,052¥253,691¥208,513


商品別の損益グラフ(金額表示)

金融商品別の損益金額をグラフで表すと下図の通りです。

仮想通貨のビットコインが+130,000円以上と突出しており、グラフの外に飛び出して見えなくなってます。

次いでソーシャルレンディングのmaneoやみんなのクレジットが続きます。

商品別の損益グラフ(%表示)

損益を%で計算すると下図の通りです。

仮想通貨ビットコインが圧倒しているためグラフ外に飛び出しています。

グラフ内ではロボアドバイザー:THEOが10.98%でトップ、次いでソーシャルレンディングのみんなのクレジットやmaneoが続きます。

前回2月報告時点から50,000円近くも収益金額が減ってしまいましたが、まだまだ全商品でプラス収益の運用を継続できてます!


以上、

本日はここまで。

それでは!

【こんな記事も読まれてます】

THEO|評判のロボアドバイザーTHEOの運用実績を公開(2017年1月) 

資産運用|私が運用する金融商品の実績を公開!(2016年12月版) 

maneo|シェアNO1!ソーシャルレンディングの運用状況の公開(2017年1月) 

コメント

タイトルとURLをコピーしました