英国EU離脱?|Brexit後の世界経済を予想!株価急落にご注意を!

株式

Brexit(ブレグジット)って言葉ご存知ですか?最近、経済紙やネットニュースで目にする機会が増えてきている気がします。

調べたところ、Brexitはブレグジットとは「英国のEU脱退(Britain exit)」の略です。

6月23日に英国でEU離脱に関する国民投票が行われることはご存知でしょうか?事前調査によると、英国のEU離脱=Brexit賛成派と反対派の勢力が拮抗しているようで、英国国内での盛り上がりはもちろん、世界中からも大きな注目を浴びています。

世界中から注目を浴びている理由ですが、単に一国のお家騒動でなく、世界中の経済を揺るがす事態に発展するリスクが懸念されているためです。

スポンサーリンク

Brexitの背景

ブレキジットという言葉は最近使われ出したものですが、英国は常にEUと距離を置く姿勢を見せてきました。

例えば、イギリスは独自通貨ポンドを維持しており、欧州共通通貨ユーロを採用していないことから、EU諸国と一定の距離を置きたいという考えを伝統的に持っていました。

また以下のような近年のEU圏動向の変化によって、イギリス国内のBrexit容認派の拡大に繋がっています。

ドイツの影響力増大

国際的には参加国の中でGDP最大国家であるドイツがEUを掌握していると見られており、英国はドイツの影響力が大きいことを気持ちよく思っていません。

「弱い国」支援による負担増

EUにはギリシャなどの経済的に「弱い国」が存在しており、支援金を拠出することに対して英国国内では反発の声が上がっています。

移民の増加

EU内での人やモノの移動が自由になっていますが、近年、ポーランドなどEU圏内から英国への移民が増加しています。英国の人々は職を奪われるかもしれないと懸念しています。

英国のEU離脱後、世界経済はどうなる?

上記のようにEU脱退の気運が高まったため、EU離脱の是非を問う国民投票が6月23日に行われることになりました。

投票前の世論調査によると、EU脱退の賛成派と反対派の割合は拮抗しているそうです。

万一、国民投票の結果がEUからの脱退に賛成だった場合、英国経済、ひいては世界経済に対してどのような影響をもたらすでしょうか。

英国の景気

企業への影響は甚大であるとみられている。EU離脱は、物や人の移動に制限をかけるようになることを意味します。すなわち関税制度の復活、入国審査の厳格化により、物や人の流れが悪くなり、英国企業は国際競争力を失いかねません。

また英国に進出している外国企業も、EU圏の参加国へ拠点を移す動きが活発になり、GDPの低下や失業率の増加を招く可能性が高いでしょう。

英国のマネーの流れ

EU離脱が英国の景気悪化や労働者の減少に繋がると考える投資家は、英国の株式や不動産から撤退するはずです。

その結果、株式や不動産価値の下落が生じ、不良債権の増加やデフレリスクの拡大といった問題が生じる可能性があります。

為替・ポンド

EU離脱によって英国の株式や不動産から世界のマネーが離れるならば、為替はポンド安に傾くでしょう。

とあるアナリストの分析によると、国民投票に伴うポンドと主要通貨の為替のボラティリティは最大20%前後と見られています。1ポンド150円程度ならば30円程の激しい動きは覚悟する必要があるようです。

世界の通貨・経済への影響

EU離脱によって英国経済は低迷、ポンド安が起きると予想しましたが、世界経済に与える影響はいかほどでしょうか?

ポンド安の連鎖でユーロ安も起き、ドルや円といった安全通貨が買われる動きが高まります。現在は1ドル104円台なので比較的に円高水準で推移してますが、さらに円高の波がやってくることを意味します。

つまり世界経済も全体的にリスクオフ(投資の引き上げ)の気運が高まり、景気の悪化も懸念されます。

もしかすると2016年の金融危機はBrexitがトリガーになるかもしれませんね。

日本経済への影響

ここまで予想してきたように英国の景気悪化、ドル高・円高の進行となれば、当然日本経済も低迷しますし、日経平均株価は暴落するでしょう。

この状況下においては安倍首相や日銀の黒田総裁がどんな施策を打とうが無意味です。リーマンショックの時のように、世界同時金融危機の荒波が過ぎるまで耐え忍ぶしかないでしょう。


以上、本日はここまで。

今回の投稿まで英国のEU離脱に関する国民投票の動きはノーマークでした。

しかし調べてみると、EU離脱が賛成多数となった場合、英国経済や世界経済に激震をもたらす可能性を秘めていることが分かりました。

国民投票の結果がどうなるか?賛成派が多数になった場合にどうなるか?こればかりは実際に起きてみないと分かりませんが、もしかしたら世界同時株安などの金融危機の波がやってくるかもしれません。

その際は、タイミングを計りながら喜んで荒波に乗りたいと思います。

それでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました