仮想通貨|ビットコイン・リップル・エターナルコイン 仮想通貨って何?

仮想通貨

私が仮想通貨というキーワードに対して持つ印象は、「うさんくさい」、「高リスク」、「投資詐欺に巻き込まれそう」、、、といったネガティブなものばかりです。

しかし最近、いくつかの種類の仮想通貨を知る機会があって、その投資リターンのデカさと言ったら、目ん玉飛び出る級でした。

5倍、10倍は当たり前の世界です。当然、リスクが高く下落幅も大きいということですが。いったいどんな世界が繰り広げられているのでしょうか。

仮想通貨をしっかりと理解もせずに批判ばかりしていては一投資家としてまずいと思い、今回から数回ほど投稿したいと思います。

スポンサーリンク

仮想通貨とはなんぞや?

仮想通貨

仮想通貨の定義

仮想通貨を固い言葉で定義するならば、

仮想通貨とは法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨

一般的に通貨は国や地域の中央銀行が価値を保証しているものです。しかし、仮想通貨は特殊なバーチャルコミュニティで受け入れられた電子マネーであり、国や中央銀行の後ろ盾はありません。当然、法的な制限も権利もありません。

現在ではバーチャルコミュニティで使えるだけでなく、私設の仮想通貨取引所を通じて各国の通貨との両替えができるようになっているため、キャピタルゲインを狙った投資商品としても注目を浴びています。

仮想通貨とビットコインの歴史

ビットコイン

日本では仮想通貨という言葉は、2013年ごろから新聞やテレビで用いられるようになりました。

仮想通貨発祥の地:アメリカでは、仮想通貨の概念自体は1995年には上院で言及されており、1999年には一部の仮想通貨が存在していたそうですが、所詮はソーシャルゲームの決済手段程度のものでありました。

しかし2009年に開発された仮想通貨:ビットコインとともに仮想通貨は変貌を遂げ、2010年ごろから流通を拡大していきました。

ビットコインの奇跡!

ビットコイン相場

ビットコインは急速な拡大と需要が高まって、1ビットコインあたりの価格は急速に上昇していきました。

2009年の流通当時は1ビットコイン1セント(1円)以下でした。2013年12月には1ビットコインあたり約100,000円をつけました。

通貨の登場から4年ほどで10万倍に価値が上昇しました。

1万円投資してたら、10億円です!!

そんな奇跡に立ち会った人の話が聞きたいです。。。

仮想通貨の社会的なメリット

仮想通貨がもてはやされるのはビットコインのような爆発的価値の高騰だけでなく、ビジネス上のメリットの大きさも理由となっています。

ブロックチェーン

仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンは、絶対に書き換えることができない履歴システムです。とってもセキュアなシステムであり、取引当事者以外が介入できないため公平性も保たれることになります。

管理コスト削減

第三者機関を持たず取引を担保できることから管理コストの大幅な削減なども可能となります。圧倒的な送金コストの安さを可能とし、国際送金手段の革命児として注目されています。

ビットコイン以外の代表的な仮想通貨

仮想通貨=ビットコインではなく、一言で仮想通貨といっても世界で300種類以上あると言われています。代表的な通貨をいくつかあげてみます。

ripple(リップル)

リップルコイン

リップルはグーグルが出資をしたことで世界的に知名度が上がりました。

リップルの最大の技術的特徴は、IOU(借用証書)をネット上で移転させて取引を行う点です。仮想通貨の多くはコインを直接送って取引しますが、リップルは小切手に近いIOUを用いた取引を行います。

リップル最大のメリットは円・ドル・金・ビットコイン、様々な通貨や資産でも送金できる点にあります。例えば「円で残高を持った状態で、ドルで送金する」という取引が可能なのです。

Lite Coin(ライトコイン)

ライトコイン

基本構造はほとんどビットコインと同じですが、圧倒的な送金スピードが売りの仮想通貨です。ビットコインの送金確認には10分程度かかるのに対し、この仮想通貨は2.5分程度で決済を終えてしまいます。

エターナルコイン

エターナルコイン

2015年1月8日にオープンした日本発の新しい仮想通貨です。

東京都中央区に本社がある株式会社エターナルリンクという広告代理店が運営するゲートウェイ「エターナルライブ」で取引を行うことができます。

もとは広告会社ということで、PRに関しては戦略的に行っており、開設から1年余りですがかなりの認知度拡大に成功しているようです。

 

最新の人気仮想通貨をビットメディアさんがまとめてくれてるので、そちらをご参照ください。

【2020年版】おすすめの仮想通貨ランキングTOP5!将来性のある通貨はどれ?
仮想通貨というとビットコインのみをイメージする方が少なくありません。 しかし、仮想通貨は今この瞬間も生まれてい ...

 


以上、本日はここまで。

仮想通貨の全般的な説明と代表的な通貨をご紹介しました。次回から、仮想通貨の投資商品としての魅力、その一方で高いリスクについて見ていきたいと思います。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました