【電力自由化】分からないを解消!電力自由化の概要

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2016年4月から電力会社を自由に選べるようになる「電力自由化」。このブログの主題である「投資」ではありませんが、家計の出費を抑えることに効果があり、資産形成のうえでも重要事項なので取り上げたいと思いました。

「電力自由化の仕組みが分からない!」という声も多いようです(私もその一人)ので、まず初回の本稿においては電力自由化の概要から見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも電力自由化とは何か?

電力自由化とは、消費者が自由に電気の購入先を決められるようになることです。

これまでは、日本を10の地域に分けて、各地域に一つの電力会社のみ電気を供給することが許されていました。つまり電力会社による独占状態だったわけです。

2016年4月より、電力供給における規制が撤廃され、4月1日からは資源エネルギー庁に登録の小売業者が家庭向け電力を販売できるようになります。関西電力が東京都民に電気を売るような地域を超えること、また東京ガスが東京都民に電気を売る業界を超えることが許されるわけです。

電力自由化の歴史を下図の通り紐解くと、実は家庭の電気以外はすでに自由化が進んでいました。2000年に大規模工場の電力自由化、2004年に中規模工場やスーパー、2005年には小規模工場などの電力が順次自由化されてきました。

そして満を持して家庭向けの電力が自由化されることで、電力の全面自由化が実現されることになるのです。

電力自由化の歩み<出展:東京電力ホームページ>

電力自由化は美味しいんですか?

表題は冗談ですが、家庭にとって嬉しいことか?それとも悲しいことなのか?

まずは、おおむね嬉しいことと捉えて良いかと思います。自由化による競争活発化により、電気料金の値下げや付加サービスが期待されるためです。

一方で「まずは」と申し上げた理由は、競争の結果、万一大手企業のみ勝ち残るようなことが起きたら、今度は反転して電気料金の値上げが考えられるためです。

また「おおむね」と申し上げた理由は、電力自由化による恩恵が必ずしも均等に及ぶわけではないためです。特に電力小売り会社は電気をたくさん使う人をターゲットにキャンペーンを打ってくるので、電気をあまり使わない人にはあまりメリットのない会社もあります。さらには、電気を使わない人の料金を引き上げてしまう会社もあるそうなので、注意が必要です。

電力自由化後の料金のことは、別の機会で詳しく書きたいと思います。

新しい電力会社=電気の供給が不安定になるのでは??

基本的に新たな電力会社と契約しても、供給が不安定になることはありません。なぜなら、販売・契約企業が違うだけで、使用する送電線網は同じだからです。

また、万が一新たに契約した電力会社が倒産になっても、地域の大手電力会社が代わりに電気供給する仕組みとなっているので、倒産時のリスクも特にないそうです。

アパートやマンションなどの集合住宅も可能?

引っ越しの時を思い返してください。

自分で契約手続きをしているようでしたら、自由に電気の契約を変更することができます。マンションなどの集合住宅であっても、恐らくほとんどの世帯が自由に電力会社を選択することができるはずです。

ただし、マンションが一括して電力を購入し、マンション管理会社から電気料金の請求がなされるような場合は無理かもしれません。何はともあれ、ご自身が住む住宅の管理会社に問い合わせると良いでしょう。

電力自由化後の新料金に切り替えるためには?

各電力会社の電話窓口やウェブサイト経由で申し込むことができます。また後述の電力自由化の比較サイト経由でも申し込めるそうです。

申し込み時の解約手続きは不要です。新たな契約先が全てやってくれるそうです。

電力会社の変更に伴い大掛かりな工事はありませんが、事務手数料を取る業者もいるそうなので、しっかり情報収集と比較分析をやるましょうね。新たなメーター(別名スマートメーターと呼ばれるもの)を取り付ける必要があります。

契約プランを決める方法は?

契約プランを決めるうえで、やはり電気料金の安さが一番大切と思う人が多いでしょう。

Web上で料金の参考になるのは、例えば電力小売り会社のホームページに料金シミュレーションをする機能を設けた会社もあります。また、価格.comのような比較サイトもあるでしょう。

電力自由化の比較サイトとして日本で最も有名なのは、価格コムエネチェンジエネピでしょう。

電力自由化のおすすめ契約プランは?

いきなり、ここの電気がおすすめです!とは言えません。

なぜなら2月上旬時点で電力小売りの登録事業者数は169社にも及んでいるそうで、とてもじゃないが全部を簡単に比較することはできません。どうやってやりましょね、、、次回以降で、最適プランの選び方を研究したいと思います。


以上、本日はここまで。

以前から電力自由化に関心はありましたが、ようやくこうやってブログにも書くことができました。今回の電力自由化の話題は私もズブの素人です。自分が勉強したことをブログでシェアするとともに、自分自身の4月以降の電力会社の契約先も決めてしまいたいです。

それでは!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA