書評|10万円から始める! 小型株集中投資で1億円

書評

久々に書評を書きたいと思います。

 

今回読んだ本は個別株式への投資のノウハウ本で、書籍内では10万円を元手に1億円だって夢ではないと豪語しています。

 

いったいどのような投資法なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

さっそく本の書評書きます

今回はこちらの本の書評を書きます。

10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 | 遠藤 洋 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで遠藤 洋の10万円から始める! 小型株集中投資で1億円。アマゾンならポイント還元本が多数。遠藤 洋作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また10万円から始める! 小型株集中投資で1億円もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

筆者:遠藤 洋さんは怪しくない?大丈夫?

筆者の遠藤さんは東京理科大学を卒業後、ベンチャー企業を経て26歳で起業されました。

 

起業のきっかけは自身の株式投資が大変うまくいったため経済的な自由を手に入れたことと、ノウハウを世に広めたいという思いから脱サラしたそうです。

 

じゃあどれくらい株式投資がうまくいったかというと、狙った銘柄が3倍~8倍もの利益をたたき出すことは当たり前で、最大12倍もの利益が出たこともあったそうです。

 

現在の遠藤さんは経営者、上場企業役員、医者、弁護士など、1000人以上に投資を指導し「勝てる投資家」 を数多く輩出しているそうです。

 

すごい人ですね。

 

本の要約

この本のタイトルは「10万円から始める! 小型株集中投資で1億円」という威勢の良い内容でした。

 

これが実現できるなら、投資元本の1,000倍のリターンを得ることになります。

 

ではどうやるのか?

 

この本の中には最近上場した小型株へ集中的に投資することが推奨されています。

 

なぜそんな投資方法をおすすめしているかというと、

  • 最近上場
    • 上場から年数が経ってない会社には大化けする可能性が潜んでいる
  • 小型株
    • ちょっとした投資資金が流入されてきたら値上がり幅が大きい
  • 集中的に投資
    • 狙った株式が値上がりした時の利幅が大きい

 

リスク低減の観点で「分散投資が大切」という話をよく聞きますが、この本では分散投資はやるな!と言っているところが面白いですね。

 

もし分散させるにしても、最大3銘柄くらいまでにとどめることが推奨しており、その代わりに損切をしっかりやることでリスクを低減するように書かれています。

 

10万円から1億円までのロードマップ

この本では株価が3倍になる銘柄を見つける方法がいろいろと書かれています。

 

仮にコンスタントに3倍株を見つけることができた時の1億円までのロードマップを描くと・・・

  • 1銘柄:10万円 → 30万円
  • 2銘柄:30万円 → 90万円
  • 3銘柄:90万円 → 270万円
  • 4銘柄:270万円 → 810万円
  • 5銘柄:810万円 → 2,430万円
  • 6銘柄:2,430万円 → 7,290万円
  • 7銘柄:7,290万円 → 21,870万円

 

話をものすごく単純化してしまいましたが、7銘柄の3倍株を見つけることができれば億り人になれることが分かりますね。

 

株に損失はつきもので上記のような連戦連勝はありえないので、現実は3倍株の発見確率を上げることと、損失が出る株を回避することが求められます。

 

3倍株を見つける方法

どうやって3倍株を見つけるのかという点もこの本では教えてくれます。

 

完全ネタバレにならないようにオブラートに包みながらポイントを書くと、

  • 上場して●年以内の若い会社
  • 時価総額が小さい(目安は●億円以下)
  • 創業者が現役
  • 社長や経営幹部が大株主
  • 高学歴の社員が獲得できている
  • 社員の年齢が若い
  • 消費者ニーズにマッチした商品・サービスを提供している
  • 株価チャートが上昇トレンド

 

【実際に小型株の一次スクリーニングをやってみました!】

小型株|3倍上昇株を探してみた!【初期スクリーニング篇】
先日、「10万円から始める! 小型株集中投資で1億円」という本の書評記事をアップしました。筆者は個別株式をこれまで避けていたのですが、この本の影響を受けて、3倍株や10倍株(テンバガー)を探してみたいと思うようになりました。そこで書籍を参考

 

不満な点

この本は1億円に向けた株式購入の具体的な戦略や施策を説明している点で評価できると思います。

 

一方で実践してみようした時に手作業で探さなければならない部分が多く、労力がハンパない点が辛いところです。

 

楽天証券やSBI証券など最近のネット証券は株式の検索機能も充実しているため、いろんな項目を使って調べることができますが、今回の小型株集中投資の銘柄選びには役に立ちませんでした。

 

地道な作業が必要ではあるものの、それを実践できれば資産1億円への道が開かれると思えば、やるっきゃないでしょ!

 

=>NISAをやるならポイントが貯まる楽天証券がおすすめ

 

【他の書評の一覧はこちら】

書評
「書評」の記事一覧です。

 


以上、本日はここまで。

それでは!

 

Twitterアカウントをフォローしていただければ記事の投稿や更新をお知らせします。

 

ブログランキング↓を押して頂けると、より多くの人に読んでもらえるので嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました