【THEO テオ by お金のデザイン】Theoに登録しました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

前回の投稿でご紹介したお金のデザイン社が提供するロボアドバイザーサービスのTHEO(テオ)。THEOは世界のETFから個々の投資家にあったポートフォリオを提案し、自動運用もしてくれる、完全なロボット投資運用サービスです。

世界では米国を中心にロボアドバイザーによる運用は一般的になりつつあると聞いてますが、日本の本格的ロボアドバイザーはTHEOが初めてではないか?と思います。

早速、THEOを試してみたいと思いますので、まずはアカウント登録を行いました。

THEO
公式HP:ロボアドバイザーTHEO

スポンサーリンク

アカウント登録手順

①登録前の診断開始!

THEOのオフィシャルホームページにアクセスします。下図の「まずは無料診断」のボタンから進みます。

theo_お金のデザイン

②投資診断

THEOから「あなたのことを教えて下さい」ときました。年齢や投資に対する考え方を問われます。正直に答えましょう。私の年齢はもちろん二十歳ではないですが、、、(現在は次の5つの質問に答えるだけにブラッシュアップされています。①年齢、②年収、③毎月の貯金額、④金融資産額、⑤THEOを始めたい金額)

theo_お金のデザイン3

③ロボアドバイザーによる診断結果

いきなり診断結果が出ます。私は「値上がり益重視」ということで、THEOから博打屋的な扱いを受けましたw 株式、債券、商品のざっくりしたポートフォリオの提案が表示されます。博打屋の私は最もリターンが見込める株式割合が大きいです。

theo_お金のデザイン4

④資産構成アロケーション

資産構成ポートフォリオのアロケーションが表示されます。先進国株式や先進国国債、投資適格債券などが大きな割合を占めます。確かに国債以外は結構アグレッシブな構成です。

theo_お金のデザイン5

⑤ETFポートフォリオ

資産構成がETFの銘柄と投資先のマッピングで表示されます。ETF銘柄は、EWYやらFXAなど馴染みのないものが並びます。さすがロボアドバイザー、世界中の銘柄に精通しているのでしょうか?

theo_お金のデザイン6

⑥シミュレーション

提示されたポートフォリオで投資した場合の損益シミュレーションが提示されます。2008年からの長期推移を見ることができます。2008~2009年はサブプライムローン~リーマンショック問題の時期にあたるため、さすがに収益が悪化しますが、その後綺麗に右肩上がりで持ち直し、平均年間利回り4%のポートフォリオであることが示されました。

theo_お金のデザイン7

⑦リスク・リターン分析

このポートフォリオの最大リターンと最悪リスクのシミュレーションです。今100万円投資したと仮定して、最高は5年間で139万円の収益、最悪は5年間で28万円の損失の可能性があるそうです。リスクに対するリターンが大きいので、結構良いポートフォリオですね!

theo_お金のデザイン8

⑧口座開設画面

THEOの無料診断でポートフォリオやシミュレーションを一通り見たら、最後に口座開設画面が表示されます。

指示に従って必要項目を入力していくだけで、とても簡単な手続きでした。本人確認書類の提示を求められますが、オンラインでアップロードして手続き可能です。私は運転免許証をアップロードしました。マイナンバーは提出しなかったけどいいのかな??

theo_お金のデザイン9

⑨口座開設手続き完了→審査

必要項目や本人確認書類の提出を終えると、口座開設手続き完了の画面が表示されます。と言っても、お金のデザイン社で審査が行われるので、投資取引開始までしばらく待つ必要がります。届いたメールによると、3営業日程度待つ必要があるそうです。

theo_お金のデザイン10


以上、本日はここまで。

THEOに申し込み完了し、審査の結果待ちです。早くTHEOのロボアドバイザーを試したくて、待ちきれません。THEOで投資を開始したら、また報告します!

ロボアドバイザーTHEOでの投資に興味を持った人は、まずは専用口座が必要となりますので、以下の公式HPのリンクから口座開設を行いましょう。

THEO
公式HP:ロボアドバイザーTHEO

それでは!

コメント

  1. 初心者 より:

    損した!と泣く前に。「フィンテックサービス 一刀両断」
    http://okanegaarukarawakarunoyo.hatenablog.com/entry/2016/07/27/161625

    • A氏 より:

      初心者さん

      谷家さんの話は唐突感あって悪意を感じますが、、、

      米国ではロボアドバイザーの無料化が進んでるんですね、へー。日本も競争が進んで、手数料がどんどん安くなるといいですね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA