2019年IPOスケジュール|予定・実績や証券会社の一覧まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

※2019年1月29日時点に更新しました※

2019年の新規上場株式(IPO)について、スケジュールや取り扱い証券会社をまとめました。

また公募の予定価格に対して実績価格も記載したので、IPOのリターンについても分かるようにしています。

昨年2018年は勝率93%、平均騰落率116%とウルトラ・ハイ・パフォーマンスを見せたIPO株が、2019年にどのような実績を残すのか、注目です!


IPO投資と米国株に強いマネックス証券(私もマネックスで過去に3本のIPO株に当選)

スポンサーリンク

2019年IPO予定の銘柄一覧(2019年1月30日以降)

今後、新規上場を予定しているIPO銘柄のスケジュール、証券会社を月ごとに表でまとめました。

※ リートファンドのIPO銘柄は予定表に含めていません。

※「評価」は、初値が公募価格を上回る可能性をA氏自身の独断・偏見による評価したものです。投資を推奨・勧誘するものではありません。

  • 評価A:初値が公募価格を大きく上回る可能性が高い、ぜひIPOの権利を得たい
  • 評価B:初値が公募価格を上回る可能性が高い、IPOの権利を得たい
  • 評価C:初値が公募価格を下回る可能性もある、IPOの権利獲得は慎重に検討
  • 評価D:初値が公募価格を下回る可能性が高く、IPOの見送り推奨

2019年2月のIPO予定

上場日 市場 銘柄名 BB
期間
公募
価格
証券会社 評価
2月28日 東証
マザーズ
スマレジ 2/13
~2/19
岩井
マネックス
SBI
岡三
D
2月28日 東証
マザーズ
フロンティアインターナショナル 2/13
~2/19
SMBC
SBI
C
2月27日 東証
2部
名証
2部
東海ソフト 2/8
~2/15
大和
SMBC
SBI
岡三
B
2月26日 東証
マザーズ
リックソフト 2/8
~2/15
SMBC
SBI
マネックス
岡三
B
2月22日 東証
マザーズ
識学 2/6
~2/13
大和
SMBC
マネックス
SBI
岡三
A

2019年1月のIPO予定

1月に上場する企業者ありません。

IPO実績(2019年1月1日~1月29日)

続いてIPO実績についてまとめます。

IPO実績とは、公募価格と初値の価格差から損益を算出したもので、IPO株が上場と同時に売却すればいくら利益(or 損失)が出るか?を表したものです。

2019年1月のIPO実績

2019年1月はIPO株がありませんでした。

2019年度IPOの勝率

全銘柄のうち、公募価格を初値が上回った割合をIPO勝率と呼んでいます。

昨年2018年度は上場した71銘柄のうち勝ちが67銘柄で、IPO勝率は93.4%でした。

今年2019年度の勝率ですが、まだ上場した企業が無いため計算できません。

2月から少しずつ上場を迎える企業が増え始めるので、随時、情報更新していきます。

私の2019年度のIPO当選確率は?

私は複数の証券口座からIPO予定の株式すべてに応募しています。

IPOはプレミア株なので抽選会に当選することは難しく、なかなか手に入れることができません。

2019年はまだ1銘柄も当選してません。

<2019年 私の当選実績>

なし

なお2018年はほぼ全てのIPO銘柄に応募して、1銘柄だけ当選しました!

しかし、まさかの公募価格割れで損失を出してしまいました。(泣)

<2018年 私の当選実績>

9/6上場 ナルミヤ・インターナショナル -0.6万円(騰落率:-4%

ちなみに2017年は2銘柄に当選し、どちらも初値が購入価格を大きく上回りました。

IPO株の抽選に当選すれば、利益も大きく出ることを実証する結果となりました。

<2017年 私の当選実績>

8/9上場 トランザス +22万円(騰落率:+170%

9/30上場 マネーフォワード +14.5万円(騰落率:+94%

トランザス、マネーフォワードいずれも当選したのはIPO株に強いマネックス証券の口座でした。

やはりIPOに当選しやすい証券会社、そうでない証券会社が分かれるようです。


公式HP:IPO投資と米国株に強いマネックス証券

SBI証券のIPO当選確率を上げる方法

他の証券口座もそれぞれ当選確率を上げるのクニックがあるようなので、しっかり研究が必要ですね。

特にSBI証券のIPOチャレンジポイントは、貯め続ければいつかはIPO株の当選する可能性が高まるため、IPO投資家には必須の武器です。

公式HP:SBI証券★業界屈指の格安手数料で 口座数はネット証券No.1! 

2019年IPO銘柄のパフォーマンスランキング

後日掲載

上記は2019年に上場した銘柄を公募価格と初値の騰落率でランキング化したものです。

2019年は上場企業が1社もないため、後日、情報更新していきます。


以上、本日はここまで。

それでは!

Twitterアカウントをフォローしていただければ記事の投稿や更新をお知らせします。

ブログランキング↓を押して頂けると、より多くの人に読んでもらえるので嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA