THEO|預かり資産NO1!ロボアドバイザーのTHEOの運用報告(2017年3月)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロボアドバイザーサービス:THEOの月例の運用実績報告を行います。

THEOは人工知能(AI)を活用したロボアドバイザーサービスです。

今回は2017年2月中旬~2017年3月中旬におけるTHEOの運用状況について報告します。

それでは、THEOの運用実績を見ていきましょう。


ソーシャルレンディングCrowdcredit

投資パフォーマンス(2017年3月中旬時点)

JPY(日本円)換算

上図はTHEOのマイページトップ画面に入るとすぐに表示される運用サマリーのグラフです。

投資元本:100,000円に対して現在残高:112,907円(+12,907円)となっており、先月の投稿時と比較して約+900円ほど評価額が減ってしまいました。

前月比でもしっかりと収益を確保しつつ、¥年間利回りが12%ほどの高利回りな運用状況で、順調に運用できています。(利回りはTHEOの手数料控除後)

余談ですが、先日THEOの運営会社:お金のデザインの社員と面談する機会がありましたが、この投稿を見てくれているそうで、運用益が出ているかとても気にされているとのことでした。

今月は無事に収益を伸ばしてたので、大丈夫ですよ(笑)

つづいて、USD(米ドル)換算の現在評価額も見てみましょう。

USD(米ドル)換算

USD(米ドル)にすれば上図の通りプラス90.25(10.12%増)ということで、前回より約7ドルほど評価損となりました。

前月比が円換算ではプラスでドル換算ではマイナスということは、先月からETFの価格は下落したものの、円安効果によってプラスになったと解釈できます。

純粋なETF利回りという意味ではUSD表示を信じるのが正ですので、今後はドル換算の評価が増えることを祈ってます!

THEO運用状況の詳細確認

ここからはTHEOの運用について詳細を確認します。

マイページ右上の「三」ボタンを押すと全メニューが表示され、その中から「ポートフォリオ」ボタンを押すと、詳細情報を見ることができます。

余談ですが、わたしが使っているPCでは、メニューボタンが「三」ではなく「一」のように表示されます。

OS・ブラウザ・画面解像度の関係で、メニューボタンの見え方が異なるようですね。

いずれにせよメニューボタンはTHEOマイページの右上にあります。

資産運用方針

メニューボタンから「ポートフォリオ」をクリックするとタブメニューが表示されます。

「資産運用方針」タブを押すと、上図の通り資産種類ごとの投資配分が表示されます。

これはわたしの投資嗜好に合わせてTHEOが自動的に算出したポートフォリオで、これをベースに海外ETFでポートフォリオを作ってくれます。

私はTHEOからリスク嗜好の高い投資家と判断されてしまったようで、株式中心で構成されるグロースが51%とおおよそ半分を占めています。

保有銘柄

「保有銘柄」タブをクリックすると、運用中の海外ETFが一覧表示されます。

ここに表示されるETFは投資家が自分で売買するのではなく、すべてTHEOにお任せしておけば、ETFの売買を自動的に行ってくれます。

私が保有する海外ETF銘柄を下表にまとめました。

グロース 低成長リスク対策

略称 連動指標 時価評価額/損益
 VPL アジア太平洋地域の先進国の大型・中型株 14,222円+1,063円
 VOT 米国の中型の成長株 12,854円+359円
 VOE 米国の中型の割安株 11,670円+2,147円
 VTV 米国の大型の割安株 11,118円+2,026円
 EWT 台湾の大型株・中型株 3,653円+156円
 EWG ドイツの大型・中型株 3,194円+492円

インカム 低金利リスク対策

略称 連動指標 時価評価額/損益
 LQD 米ドル建ての投資適格の社債 13,302円+663円
 IEF 残存期間7-10年の米国債 11,927円+16円
 HYG 米ドル建てのハイイールド社債 9,924円0円
 IHY 米国を除く世界各国の企業のハイイールド社債 2,789円+250円

インフレヘッジ インフレリスク対策

略称 連動指標 時価評価額/損益
 IGF インフラ関連株 4,661円-27円
 DBC コモディティの先物 3,460円+236円
 IAU 金(現物) 2,660円+57円
 DBA 農作物の先物 2,292円-41円
 SLV 銀(現物) 1,846円-2円

先月から海外ETFの増減を比較すると、グロースで1銘柄の減少(In:1, Out:2)、インカムとインフレヘッジでそれぞれ2銘柄ずつ入れ替えがありました。

収益率

「収益率」タブを押すと、資産3分類別の損益が表示されます。

【ETF分類別の損益】

グロース 低成長リスク対策 :+26.40
インカム 低金利リスク対策 :-3.92%
インフレ インフレリスク対策:+6.30%

グロース 低成長リスク対策 +24.05%

インカム 低金利リスク対策 -3.92%

インフレ インフレリスク対策 +6.30%

先月までと傾向は同じで、グロースが大きくプラス、インフレリスク対策が若干のプラス、インカムが若干のマイナスです。

株式や現物資産の価格の上昇が明らかですね。


以上、本日はここまで。

それでは!

【こんな記事も読まれてます】

公開日:2017年03月08日 更新日:2017年03月08日
WEALTH NAVI|世界水準のロボアドバイザー:ウェルスナビとは?

公開日:2017年02月15日 更新日:2017年02月15日
THEO|ロボアドバイザーTHEOの運用実績(2017年2月)

公開日:2017年02月15日 更新日:2017年02月14日
楽ラップ|楽天証券のロボアドバイザー体験談(2017年2月)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA